• はてぶ
  • あとで
知らなきゃ損!東京都内近郊で「豚丼」をガッツリ食べられるオススメの店8選

牛丼大好き・カツ丼大好き・ガッツリ系がとにかく食べたい!そしてそんなガッツリ系大好きな貴方におススメするのは「豚丼」です。その豚丼を思う存分食らい尽くしたい!そんながっつリストのために、暇さえあれば豚丼屋に足しげく通う筆者が厳選したがっつり豚丼を思う存分楽しめるお店をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①豚っく《御徒町》

最初にご紹介するのは、御徒町にある「豚っく」です。このお店の名前の由来は十勝を代表する郷土料理「豚丼」の「豚」と、同じく十勝を代表する観光名所「ハナック(花時計)」のクロック(CK)をもじって『豚っく』となったそうです。北海道十勝地方の食材にこだわっています。なんといっても、豚丼屋とは思えないほど豊富なメニュー量が特徴です。
名物、十勝豚丼です。 まず、ビジュアルでやられますね。ここのお店の豚丼は十勝産の豚肉を使用しており、ロースとバラ、ハーフ&ハーフから選べます。 お味の方はと言うと、バラ肉がジューシーで脂の甘みが強く、ご飯との相性バツグン! 値段が高めなだけあって、豚肉のロースは洋食屋のポークソテーの様な厚みがあり、 噛むごとに旨みが溢れます。甘さ控えめの辛めのタレが食欲をそそります。 ネギも良いアクセントになっていて、とても美味しいです。

詳細情報

②とんたん 《戸越銀座》

続いてご紹介するのは、戸越駅と戸越銀座駅からそれぞれ徒歩5分ほどのところにある「とんたん」です。こちらのお店は、帯広炭火焼豚丼専門店となっていて、帯広の伝統の味がいただけます。甘辛いタレと炭火焼の香ばしいお肉がよく合い、ご飯が進んでしまいます。
夜メニューのジンギスカンもかなり人気です。帯広から取り寄せている羊肉は、柔らかくどんな方でも食べやすいですよ。東京で、北海道の本格的なジンギスカンをいただけるのは、嬉しいポイントですね。ホッピーやビールなどがよく進みそうですよ。

詳細情報

東京都品川区戸越2-5-1

3.08 09

③豚大学《新橋》

続いてご紹介するのは、新橋駅から徒歩2分ほどのところにある「豚大学」です。ビジュアルと名前のインパクトがすごいですよね。溢れんばかりの豚肉の量です。肉は薄切りの豚バラをタレに絡めて炙ってあり、炭火焼きのようないい感じの焦げと表面のカリッと感が楽しめます。
ここに追加トッピングの半熟卵とネギがのっかったらもう、たまりませんね。タレはニンニクの効いたちょっと甘めのタレで、ご飯が止まらないこと間違いなしです。言葉にできない旨さです!

詳細情報

東京都港区新橋2-16-1ニュー新橋ビルB1-58

3.62 943

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ぶたいち 東京人形町店 《人形町》

続いてご紹介するのは、人形町駅から徒歩3分ほどのところにある「ぶたいち 東京人形町店」です。北海道帯広に本店を構えるこちらのお店は、長い年月をかけてこだわりの豚丼を作り上げたそう。お肉やタレはもちろんのこと、ご飯や味噌汁、漬物の細部にまでこだわっています。
おすすめは、特上ロース豚丼。柔らかくジューシーな豚丼ですよ。お皿から溢れそうなくらい山盛りの豚丼はボリューム満点です。また、お肉の枚数を選ぶことができるので、あまり量を食べられない女性方から、お腹いっぱい食べたい男性まで満足できること間違いなしです。

詳細情報

東京都中央区日本橋堀留町1-8-11日本橋シゲマツビル

3.20 08

⑤炭焼豚丼 豚野郎《御茶ノ水》

続いてご紹介するのは、御茶ノ水駅から徒歩1分ほどのところにある「炭焼豚丼 豚野郎」です。この豚丼では、香ばしい焦げと脂身が多いガッツリタイプの豚肉を堪能できますよ。ジャンク的な味わいなので好みは分かれると思いますが、一度食べると箸が止まりません!
熱々焼きたての炭火焼豚丼は香ばしくてとても美味しく、お茶漬けのようにして薬味と一緒に食べるのも絶品です。席は全てカウンター席のみですので、目の前で焼かれる豚肉を見ながら、食事を楽しむことができますよ。ぜひ、足を運んで見てくださいね。

詳細情報

⑥情熱のすためしどんどん《池袋、新宿など》

続いてご紹介するのは、都内各所にお店を構える「情熱のすためしどんどん」です。ほっかほかのご飯のうえににんにくしょうが味のたれで炒めた豚肉をのせ、輪切りに切られたネギをのせ、最後に生卵をのせていただく!あーうまい!にんにくしょうがの味がする豚肉とほのかに甘みがあるネギの組み合わせは抜群です。
卵をつぶせば、味にまろやかさも生まれ、ご飯が止まらなくなる一品です。一気に食べちゃってください!自分のオススメはマヨネーズと七味唐辛子をかけて食べることです。他にもねぎすためしやチーズすためし、旨塩すためしなどが揃っています。これも本当に美味しいので、試してみてください。

詳細情報

東京都豊島区南池袋1-22-5ニューナカノビル2階・3階

3.39 111

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦十勝亭 《春日部》

続いてご紹介する「十勝亭」は、埼玉県春日部駅西口から徒歩5分のところにあります。焦げ目は少なめで、丁寧にふっくら焼き上げた豚肉を旧北川辺町(現在は加須市)で収穫されたコシヒカリを使用したこだわりのご飯の上に盛り付けた豚丼が人気です。
おすすめは、ロースとバラが両方のった”本ロース&バラ”。コゲめは少なく、ふっくらと焼き上げてあります。タレの味は、豚の旨さを十分に生かした甘めベース。余計な脂もカットされているので女性の方でも食べやすいです。丁寧な焼きとタレの味わいとあいまって、ご飯とよく合います。豚丼と豚汁との組み合わせもバツグンです!

詳細情報

⑧伝説のすた丼屋《お茶の水・高田馬場など》

続いてご紹介するのは、日本国内のみならず、海外にまで店舗をもつ「伝説のすた丼屋」です。肉は柔らかく厳選された豚肉を使用しています。なんといっても、秘伝のニンニク醤油味のタレが最高!ボリューム満点の丼ぶりです。たくあんがのっているのも珍しいですね。
こちらでは、塩すた丼やとろろの乗ったとろすた丼、ネギ好きにはたまらまいネギ盛りすた丼というのもメニューにあります。他にもお得なセットメニューなどボリュームのあるメニューが揃っています。お店で、肉の増量イベントなどもやっていますので、ぜひ、チェックして見てください。

詳細情報

東京都千代田区神田駿河台2-4-4 お茶の水西脇ビル1階

- 09

いかがでしたか?

いかがでしたか?写真を見てるだけで食べたくなりますね。がっつり食いたい時、とにかく豚丼を食らいたい時、今回ご紹介したお店を訪れてみてはいかかでしょうか?きっと素晴らしい豚丼ライフを送れると思います。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する