• はてぶ
  • あとで
【予算別】今年はどこ行く?美しすぎる世界のビーチリゾート19選

夏になると行きたくなる「ビーチリゾート」。世界にはたくさんのビーチリゾートがあってどこに行けばいいのかわからない!そう思ったことありませんか?今回は予算別に美しすぎる世界のビーチリゾートを19選ご紹介します。旅の予算に合わせて旅行の計画をしてみては?(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【~5万円】

① バリ島(インドネシア)

5万円以下で行けるビーチリゾート1つ目は、インドネシアの「バリ島」。インドネシアは親日国ということもあって、日本人の観光客も多いです。バリ島は日本語が通じるところも多いので女子旅でも安心していくことができるおおすすめの場所です。日本との時差は1時間なので、時差ボケの心配なく楽しめそうですよね。
なぜ5万円以下で行けるのかというと、物価が激安だから。スパやエステも数百円から体験できるところもあります。ショッピングやグルメも贅沢に楽しめちゃいそうですね!学生にはもってこいのバリ島、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

Jalan Raya Gusti Ngurah Rai, Tuban, Kuta, Kabupaten Badung, Bali

4.22 522559

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② プーケット島(タイ)

5万円以下で行けるビーチリゾート2つ目は、タイの「プーケット島」です。日本との時差は2時間で、海と白浜の美しさから「アンダマン海の真珠」と例えられるほどとってもきれいな絶景ビーチリゾートです。
プーケットのハイシーズンは11月~4月、ローシーズンが5月~10月なので、夏の旅行も比較的お安くいけるのが嬉しいですね。日本からプーケットの直行便はなく、一か所経由していくことが必要になります。ただ便数は多いため、トランジッ長く待つということはなさそうです。

詳細情報

③ セブ島(フィリピン)

つづいてご紹介する5万円以下で行けるビーチリゾートは、フィリピンにあるの「セブ島」。日本から直行便を使って約5時間で行ける「セブ島」は短期の語学留学などで訪れる人も多いです。日本との時差は1時間なので、時差ボケを心配する必要はありません。
海の美しさはハワイやグアムに勝るとも劣らないセブ島ですが、3万円以下のツアーも出ることがあり、とってもお得に行けちゃうビーチリゾートです。観光やショッピングだけでなく、スパやマリンスポーツなども充実しており、アクティブ派な女子旅にはうってつけの場所となっています。

詳細情報

④ サイパン島

つづいてご紹介する、5万円以下で行けるビーチリゾート、「サイパン島」。サイパンは、アメリカ合衆国の自治領である北マリアナ諸島の中心的な島で、直行便で2~3時間で行けちゃう手軽さが大人気です。日本との時差も1時間しかないため、時差ボケの心配もなく楽しむことができそうです。
サイパンから船で15分のところにある、美しい自然が残された無人島「マニャガハ島」はサイパンに行ったらぜひ足を運びたいスポット。その海の透明度から、「地上の楽園」という呼び名もつくほど。サイパンに来たからにはぜひとも訪れてもらいたい島です。

詳細情報

⑤ グアム島

5万円以下で行けるビーチリゾート5つ目は、「グアム」。グアムもサイパンと同様にアメリカ合衆国の領土であり、マリアナ諸島の南端の島です。島中にアクティビティが多くまるで島まるごとテーマパークのような場所です。
グアムまでは約3時間半、時差はなんとたったの1時間!日本人に人気があるのもうなずける近さですね。グアムといえば、マリンスポーツにショッピング。女子旅にはもってこいの場所です。日本人観光客が多いということもあり、街には日本語表記の看板が数多くあります。そのため、海外旅行初心者にもおすすめです。

詳細情報

⑥ 宮古島(日本)

5万円以下で行けるビーチリゾート6つ目は、「宮古島」です。日本国内でも南国気分を味わえる、とっても美しいビーチが広がっています。直行便で行けば東京から2時間45分と、アクセスもしやすく、長期休暇を取れないという人にもおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する