梅雨限定!吊り傘と花のコラボが可愛い“横浜イングリッシュガーデン”とは

1,600種類のバラを中心に、横浜の気候にあった草花や樹木を散りばめ、春の芽吹きから枯れゆく秋の自然の風景を何年もかけて育てている''横浜イングリッシュガーデン''をご存知ですか?今回は梅雨の時期にしか見ることのできない横浜イングリッシュガーデンの魅力を紹介したいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

''横浜イングリッシュガーデン''とは

1,600種類のバラを中心に、横浜の気候にあった草花や樹木を散りばめ、春の芽吹きから枯れゆく秋の自然の風景を何年もかけて育てているイングリッシュガーデンです。香り高い四季咲きのバラを特にふんだんに使い、春から秋までバラを楽しめます。
住宅展示場「tvkハウジングプラザ横浜/ヨコハマくらし館」に併設する形で、2009年に誕生し、2012年3月に「横浜イングリッシュガーデン(YEG)」としてリニューアルしたのです。
バラのほかにも見どころがたくさん!3月下旬には約20種類のサクラ、6月には約300品種のアジサイ、10月には約15種類のコスモス、冬にはスイセンやクリスマスローズなど魅力がいっぱいなのです。
入口を入るとすぐに見えるのが、全長約50mの「ローズアーチ」は本当にフォトジェニックです。一番の撮影スポットです。そして、他では見ることのできないハイセンスなバラもたくさん見ることができます。

アジサイフェア開催中!

開催期間:2016年6月6日(月)~7月3日(日)

2016年6月6日(月)~7月3日(日)という期間限定で、アジサイフェアが開催されています。5月下旬から6月にかけて、300品種ものバラとアジサイの競演を楽しむことができます。アジサイがメインで、雨の日もかなりの美しさ。
まるでバラのブーケのような珍しいあじさいも!フォトジェニックすぎますよね。とってもかわいいです。他では見られないアジサイをたくさん発見できること間違いなし!

アジサイとバラのコラボが素敵すぎる

アジサイとバラのコラボレーションなんて他ではみることができません。横浜イングリッシュガーデンだけで、この時期限定です!

梅雨だからこその見どころ!

なんとローズアーチのところにカラフルな傘が上から吊るされています。あまりのかわいさにシャッターがとまりません。あじさい、バラ、傘といったコラボレーションはここでしか見られません。
見られるのは梅雨の時期だけ!雨の日こそ美しいたくさんの花を見に行きましょう。もちろん晴れた日にもおすすめです。梅雨の時期だけの景色を堪能しませんか?

次のお出かけはここで決まり!

次のお出かけはフォトジェニックな横浜イングリッシュガーデンに決まり!梅雨の時期にしかみられないアジサイとバラのコラボや、かわいい傘を見に行きましょう。以上、横浜イングリッシュガーデンについてでした。

詳細情報

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する