• はてぶ
  • あとで
日帰り弾丸旅行でも『沖縄』を120%楽しめるプラン作ってみました!

沖縄で南国気分を満喫したいけど、なかなか旅行の時間がとれない...。そんなあなたのために考えました、究極の沖縄への日帰り旅行プラン!沖縄へ日帰り弾丸旅行なんて、本当に可能なんでしょうか?(プランは羽田空港と那覇空港を利用するプランとなっています。)(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

日帰りで沖縄は可能?

沖縄に行きたいけど時間がない!そんなあなたのために、限られた時間で沖縄を満喫するプランを考えました。なんと東京から沖縄に日帰り!限られた時間でも存分に沖縄を楽しみましょう。

▶︎6:30 成田を出発!

できるなら前日の夜の深夜便を使ったほうが現地滞在時間は増えるのでおすすめですが、あくまで日帰り(当日出発、当日帰宅)ということで、早朝便で出発しましょう。6:30のフライトで沖縄に向かえば9時過ぎには那覇空港へ到着できるんです!

▶︎10:00 牧志公設市場で遅めの朝食

日帰りなので荷物はリュックひとつ!預け荷物はないので、那覇空港に着いたらタクシーで即那覇市街へと向かいます。早起きでもうお腹はぺこぺこなので、那覇市の中心にある那覇市民の台所「牧志公設市場」で遅めの朝食を食べましょう!
おすすめは1階の市場で買った新鮮な魚介類を2階の食堂に持ち込み、調理してもらう方法。沖縄ならではの色鮮やかな魚も味見してみませんか?新鮮な食材はどれも美味!機内や空港で軽く食べてしまったひとはカットフルーツや作りたてのフレッシュジュースを楽しみましょう。

時間に余裕があればオススメ 国際通りを散策

牧志公設市場に隣接する那覇の中心街、国際通りはいつも観光客や地元民で賑わっています。オシャレな個人経営のお店もたくさんありますよ。とりあえずお土産をチェックしておいて、また夕方戻ってきたときに買いましょうか。

▶︎12:00 おきなわワールドで沖縄文化を満喫

沖縄にせっかく遊びに来たのなら、都内にはない沖縄ならではの文化を堪能しに「おきなわワールド」まで足を運んでみましょう。国際通りからレンタカーで、30分ほどで行けるのでタイトなスケジュールでもサクッと遊びにいけちゃいますよ!東京ドーム4個分もあるという広大な敷地内では、琉球ガラス体験や、ハブのショーなど沖縄らしい観光体験ができます。
特に観光客に人気なのは、沖縄の歴史的な舞踊“エイサー”です。大きな和太鼓の演奏に合わせて舞うエイサーは、実際に目の前で見るとかなり迫力があります。他にも獅子舞やアンガマなどの沖縄の伝統芸能のパフォーマンスを連日公演されていますよ。
asoviewで見る

沖縄県南城市玉城前川1336

4.10 37666

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

時間に余裕があればオススメ 玉泉洞

おきなわワールドには「玉泉洞(ぎょくせんどう)」国内最大級と言われる鍾乳洞があります。鍾乳石の数はなんと100万本以上、全長5000メートルにわたる鍾乳洞を探検することができるんです。洞窟内はひんやりとしていて、快適に散策できるのも嬉しいですよね。中にはブルーにライトアップされているスポットもあり、幻想的な景色を見ることができます。

沖縄県南城市玉城前川 玉泉洞

3.03 1101

▶︎14:00 オーシャンビューの海カフェで昼食

せっかく沖縄にきたのなら絶対に訪れたいのが「海カフェ」。エメラルドブルーの美しいオーシャンビューを楽しみながら遅めのランチといきましょう!おきなわワールドからは車で20分ほどの場所にある「カフェくるくま」ここでは、ハーブを使ったエスニック料理を楽しむことができますよ。
オーシャンビューを楽しみながら頂く料理は絶品!ゆっくりとただ美しい沖縄の海を眺めているだけでも、とても幸せな気分になれそうですよね。敷地内には 健康食品ショップや小鳥や蝶々が舞う薬草園など立ち寄れるスポットもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

▶︎15:30 新原ビーチで海遊び!

カフェから車で15分ほどで来たのは新原(みーばる)ビーチ。沖縄本島有数の美しいビーチなんですが、実はあまり知られていない穴場ビーチになっています。混みあったビーチは嫌いな人も、おもいっきり海遊びを満喫しましょう!シャワーやマリンスポーツの設備・有料駐車場もあるのでご安心を。
グラスボートも出航しているので、水に濡れることなく海の中をのぞくことができます。南国らしい色とりどりのサカナたちが自由に泳いでいる姿を間近でみられるのもここならでは。出航時間も20分程度なので、時間があまりなくても楽しめるマリンレジャーになっています。

時間に余裕があればオススメ 奥武島で(ちょっと)離島気分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ziba-nyanオホーツク出身の大学生。島・海・猫・映画が大好物。

このまとめ記事に関して報告する