• はてぶ
  • あとで
絶景の宝庫!オーストラリアの大自然が作り出す”自然遺産”5選

一度でいいから行ってみたい国、オーストラリア。オーストラリアといったら大自然!オーストラリアでは、19件の世界遺産が登録されており、そのうち自然遺産が12件もあるんです。そこで、12件ある自然遺産のうち特におすすめのスポットを5つご紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① グレート・バリア・リーフ

初めにご紹介するのは「グレート・バリア・リーフ」です。グレート・バリア・リーフは、オーストラリア北東部に広がる世界最大のサンゴ礁帯のことです。
全長は2300kmもあり、北はトレス海峡から南はグラッドストーン沖合までにも及びます。またその大きさは、日本の本州がすっぽりと入るほどの大きさです。
世界中に160以上ある自然遺産の中でも桁違いのスケールで、総面積は約3500万ha、約2900のリーフと900余りの島々から構成され、海洋国立公園としては世界最大の規模を誇ります。

詳細情報

Green Island, QLD 4870, Australia

3.51 5102

② ニンガルー・コースト

続いてご紹介するのは「 ニンガルー・コースト」です。 ニンガルー・コーストは、西オーストラリア州北西部の海洋域を含む約60万ヘクタールにもおよぶエリアのことを指します。
ニンガルー・コーストの海洋域には「ニンガルー海洋公園」や、「ケープレンジ国立公園」などが含まれます。
さらに、ニンガルー・コーストでは、ジンベイザメと泳ぐことができ、さらにウミガメやマンタ、ジュゴン、そして美しい珊瑚礁が広がる海洋生物の宝庫でもあります

詳細情報

写真を投稿する
3.00 00

③ グレーター・ブルー・マウンテンズ

続いてご紹介するのは「グレーター・ブルー・マウンテンズ」です。グレーター・ブルー・マウンテンズは、シドニーの西100kmにあり、グレート・ディバイディング山脈の一部分の地域のことを指します。
ブルー・マウンテンズの名前の由来は、ユーカリの大森林から発生する霧状の油分が、太陽に輝いて青い霞を作ることから付けられました。
断崖絶壁と深く濃い大森林に覆われたエリアには渓谷や滝、洞窟などがあり、さらにここだけにしか生息しない植物が多々あり、変化に富んだ風景を見ることが出来ます。

詳細情報

オーストラリア New South Wales, Australia

3.50 4134

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ フレーザー島

続いてご紹介するのは「フレーザー島」です。フレーザー島は、クイーンズランド州南東部ハービー・ベイの対岸にある世界最大の砂の島です。
フレーザー島の砂丘の上にある熱帯雨林は、世界中でもここでしか見ることができない貴重な大木群です。その景色を見ると自然遺産に選ばれた理由が納得できます。
また、島ではワラビーやディンゴなどの哺乳類や、200種類を超える鳥類など多くの生物達を観察することが出来ます。また、沖合では、ドルフィン・ウォッチングも行われているので、陸、海両方で楽しむことが出来ます。

詳細情報

3.01 14

⑤ シャーク湾

最後にご紹介するのは「 シャーク湾」です。 シャーク湾は、 西オーストラリア州パースの北850kmに位置し、インド洋に面しているペロン半島や様々な島々があります。
シャーク湾では、ジュゴン、ザトウクジラ、ミドリウミガメ、イルカなど約320種の海の動物達が生息しています。特に約1万頭のジュゴンが生息しており、その数は世界最大です。
また、シャーク湾に点在する、ダークハートッグ島やペロン半島の海岸では、ウミガメの産卵も見ることができ、自然遺産に選ばれるのが納得のエリアです。

詳細情報

1 Monkey Mia Rd, Australia

3.01 02

オーストラリアの自然遺産を見に行こう!

いかがでしたか?オーストラリアには、グレートバリアリーフ以外にも多くの自然遺産があることが分かりました。今回ご紹介した場所はどれも本当に素敵な場所なので、機会があればぜひ足を運んでみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する