• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
夏の京都でひんやり!?ちょっと怖いスポット六波羅蜜寺

京都市東山区に建つ六波羅蜜寺は、空也上人立像や平清盛像があることでも有名です。観光スポットとして訪れる方が多いこのお寺ですが、じつはちょっと怖いスポットでもあるのです。六波羅蜜寺のちょっと怖い理由をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

六波羅蜜寺とは?

六波羅蜜寺は、京都市東山区に建つお寺です。平安時代中期に、醍醐天皇の第二皇子である空也上人によって創建されました。空也上人は、京都で疫病が流行した時に、十一面観音像を持ち、念仏を唱えながら歩き、多くの民衆を救ったと言われています。

六波羅蜜とは、この世に生かされたまま、仏様の境涯に到るための六つの修行をいいます。波羅蜜とは彼岸(悟りの世界)に到ることです。

出典:www.rokuhara.or.jp
あめ模様@amemoyo_
次に六波羅密寺へ。空也上人像はユニーク!口から仏さまが出てくるという発想には驚き!

2016-06-22

六波羅蜜寺の「宝物館」には、教科書でもお馴染みの写真の、「空也上人立像」が置かれています。空也上人立像は、空也上人が「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えると、一音一音が阿弥陀仏になったという伝説が元になって作られています。
「空也上人立像」の隣には、「平清盛像」があります。仏門へ入っていた頃の清盛の姿をあらわしています。大河ドラマ「平清盛」で平清盛を演じた、松山ケンイチさんもこの像を見るために六波羅蜜寺を訪れたそうです。
太秦その@京都社寺案内bot@sono_shrine
六波羅蜜寺 清水五条駅 空也が951年に造立した十一面観音(現在国宝)を本尊とする道場に由来、977年中信により天台宗に、安土桃山時代より真言宗智山派となります。木造空也上人立像、木造僧形坐像(伝・平清盛像)を所蔵します…これらはまだ重文ですね。

2016-06-15

六波羅蜜寺がちょっと怖い理由

六波羅蜜寺は、死者を葬送していたと言われている、「死の六道」と呼ばれる場所に建っています。当時の京都の人たちは、人が亡くなると亡がらを棺に納め、鴨川を渡り、「死の六道」と呼ばれている場所で死者に最後のお別れをします。
死の六道と呼ばれる場所は、六道の辻という地名で、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、冥界の6つの世界がつながっている場所と言われています。そのため、この辻の中に建っている六波羅蜜寺も少し怖く感じる人が多いようです。

髑髏原→六波羅というのも有名ですね。
江戸時代まで「髑髏(どくろ)町」と呼ばれ、人骨がいたるとこに転がっていたと言われてます。

出典:kyotouranavi.blog.jp

空也上人は、疫病が流行し、死体が山積みとなった京都を念仏を唱え歩き多くの民を救った。亡骸の額にお札を貼り付けるため用意した枚数4万枚、しかしすぐに尽きてしまったという。どれほどの死体があったんだ?

出典:kyotouranavi.blog.jp

実際に怖い体験をしたことがある人も…

六波羅密寺周辺を数日前の晩に歩いていたら、南の方から拍子木のような音が近づいてきました。それが急に方角が変わって東から聞こえて、それから西に変わって遠くなっていきました。

出典:kyotouranavi.blog.jp

更に下って行くとすっかり日が暮れてしまいました。案の定、六波羅蜜寺に着くとすでに門がしまっています。しかも、なんかよく分からないけど気味が悪い。なんでだろう。

出典:daichimiyasaka.com

六波羅蜜寺にはパワースポットも!?

一願石

じつは、六波羅蜜寺の中にはパワースポットと呼ばれている場所があります。境内の入って右側にある「一願石」です。六波羅蜜寺と書かれた石柱は、石が回る仕組みになっていて、願いながら、石を3回まわすと願いが叶うと言われています。
「一願石」は名前の通り、願いごとを1つ叶えてくれる石なので、欲張っていくつもお願いをすることはないように気を付けましょう。叶えたい願いを込めてまわすのが重要です。

本尊 十一面観音像

この本尊十一面観音像は12年に一度、辰年に33日間だけ拝観できますが縁結びの神様と呼ばれ、お参りすると恋愛が成就し、夫婦円満になると言われています

出典:project311.jp

おみくじが人気!

六波羅蜜寺の「開運推命おみくじ」は、よく当たると評判でとても人気のあるおみくじです。四柱推命をもとに、生年月日と性別から一年間の運勢を占うおみくじなので、一人ずつ内容が違います。
1回300円ですが、すべて手書きという凝ったおみくじです。解説書つきなので、文字が読みずらいと感じても大丈夫です。毎年ここのおみくじをもらいに来るというリピーターの方も多くいらっしゃるみたいです。
きむらみーた@miita71
これが開運推命おみくじ(の解説書)だー!! とても面白いので近くの人は是非やってみてほしい https://t.co/jy8yRApzcj

2016-06-15

おわりに

いかがでしたか?六波羅蜜寺は、空也上人立像や平清盛像があり観光スポットとして有名ですが、ちょっと怖いスポットということを知ると別の楽しみ方ができます。パワースポットもありますので、京都の暑い夏に、ひんやりして、パワーをもらいに訪れてみて下さい。
【住所】
京都市東山区五条通大和大路上ル東

【アクセス】
◆京都市バス
京都駅 206 系統、清水道下車、徒歩7分
◆京阪電車
清水五条駅下車、徒歩7分
◆阪急電車
河原町駅下車、徒歩15分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Tuidiosおでかけと美味しいものが大好きです♡

このまとめ記事に関して報告する