• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ポーランドを楽しむ女性一人旅10の方法

ポーランドは街に緑が溢れ、国中のあちらこちらに素晴らしい自然が残るまさに「緑の国」です。女性の一人旅にぴったりの多くの美しい川や湖が点在し、バルト海からタトラ山脈に至るまで大自然に囲まれ、ポーランドの自然と文化が絶妙に調和しています。女性の一人旅にお勧めです。

このまとめ記事の目次

ポーランドってどんな場所?

ポーランドは芸術が栄える国でもあり、首都のワルシャワは文化遺産に登録されており、ピアノの詩人ショパンが生まれ育った都市でもあります。ショパンスポットもあり、ファンには楽しい旅になること間違えありません。

同じく歴史地区として文化遺産登録をされているクラクフは可憐な街並みが残る観光客に人気の都市。ヴァヴェル城や旧市街地を中心に中世の雰囲気を残し、街には居心地の良いレストランやホテルがたくさんあります。是非、お気に入りのお店を探してみてください。

女性一人旅にピッタリのポーランド旅行になることでしょう。

ポーランドの場所

旅のシーズンは?

4~6月の春には、復活祭も終わって春本番。年によっては5月中旬まで天気が安定しない事があります。花も咲き、5年でもっとも美しい時期です。

7~8月の夏は世界中から観光客が集まるハイシーズン。ホテルなどが混みあい料金は高くなるが、夜21時まで明るく、街歩きや観光には最適。コンサートはシーズンオフなので注意。

9~10月の秋には産地ではワイン祭りが行われるのでチェック。ポーランドではいちょうなどの木々が黄色に染まり、黄金の秋と呼ばれる。

11月~3月は旅行に不向きだと思われがちですが、12月には1か月クリスマスマーケットが並び、街は楽しい雰囲気になります。コンサートを楽しむのにはベストなシーズンです。

ポーランドの街並みと行事

☆『プラハの春』国際音楽祭(プラハ)5/12~6/4
☆国際ブックワールド   (プラハ)5月中旬
☆ストラージュツェ国際フォークロア・フェスティバル(ストラジュニツェ)6月下旬
☆国際音楽祭チェスキー・クルムロフ 7月中旬~8月下旬
☆ビール祭り       (プルゼニュ)8月下旬
☆スメタナ・リトミシュル国際オペラフェスティバル (リトミシュル)6月上旬~7月上旬
☆イフラヴァ国際マーラー音楽祭(イフラヴァ)5月下旬~7月上旬
公用語:ポーランド語
首都:ワルシャワ
通貨:ズウォティ(PLN) (1ズウォティ=33円くらい)その年によって変動します。
人口:3800万人
漢字表記:波蘭で波と略記される。

カレル大道芸の人たち

現在は車の乗り入れが禁止されており、ストリートパフォーマンマーや音楽隊、似顔絵描きや、土産物売りなどが並ぶ賑やかなスポットとなっている。

自分の身を守る方法⑤

①ぼったくりタクシーには気をつけよう

タクシーはやむ得ない事情がある場合以外は使わず、なるべく地下鉄やバス等の公共交通機関を利用するようにしましょう。もし利用する場合は、正規のタクシーをホテルや信頼できる人間に呼んでもらうのが安全です。個人や流しのタクシーは避けましょう。

出典:nevskayaairi.hatenablog.com

②左手の薬指に指輪を付ける

バックパッカーとして旅をする場合、女性でもホステルを利用することは少なくありません。海外の場合、ホステルでは男女混合のみである場合が多く、当然ですが男性と同室になることは避けられないでしょう。

ここで気をつけたいのが男性との関わり方と距離です。人によっては普通に接したつもりでも、相手が誘惑してくる可能性もあるのです。それはホステル内だけに限りません。

出典:nevskayaairi.hatenablog.com

③服装は地味ぐらいがベスト

海外では日本人であるだけで目立ちますし、国によっては「日本人は多くの金を持っている」というイメージがいまだにあります。そこで日本にいる時と同じように小奇麗な服装をすればスリや強盗等の犯罪者の標的になる可能性もあるのです。

出典:nevskayaairi.hatenablog.com

④お酒を飲むとき、相手より先に酔わない

相手が信頼できる人間であったり、同性の友人の場合はまだ大丈夫かとは思いますが、バーなどで知り合った程度の相手の場合は大変危険です。相手より先に酔った場合、現金を盗まれたり食い逃げされる可能性もあり、女性の場合は強姦されることもあり得ます。

出典:nevskayaairi.hatenablog.com

⑤日本語や英語で愛想よく話しかける人物は要注意

しかし、この場合は詐欺や犯罪目的で話しかけているケースが多く、特に日本語が流暢な場合こそ注意した方がいいでしょう。手口の例としては、容姿を必要以上に褒めたり「日本が好き」といった話から入って相手を油断させ、徐々に騙していくといった感じです。

純粋に日本が好きで勉強している方もいるとは思いますが、観光客を騙すために日本語や英語を勉強している輩がいるのも事実です。

出典:nevskayaairi.hatenablog.com

おすすめポイント1

☆思い立ったらひとり旅!一名参加追加代金のかからない女一人旅コース
☆ポーランド首都ワルシャワ、世界遺産の古都クラクフ、そしてアンネの隠れ家のあったアムステルダムを滞在。
歴史にちなんだ観光場所の数々に訪れることができます。

☆世界遺産のアウシュビッツ強制収容所博物館、ビルケナウ収容所跡を日本語係員とともに専用車で訪問。お客様のペースでじっくり説明を聞くことが出来ます。しっかりと学びたい方にはおすすめ♪

☆ポーランドのみ空港ホテル間専用車送迎付き!駅ホテル間送迎とアムステルダムでの送迎は追加代金でお手配可能です。
住所 pl.Zamkowy 4
電話 22-355-5270
開場 火~土 10:00~16:00
日   11:00~16:00
休み 月、祝
料金 王宮ツアー 221zł 為替レートは1zł=約29.0円(2016年5月現在)
日曜日無料

ヴァヴェル城

歴代ポーランド王の居城として名高い。城門の脇には、18世紀末、3国分割に対して反乱を起こしたポーランドの英雄タデウシ・コシチュシコの像Pomnik T.Kosciuszkiが建っている。ある時何者かに、突然持ち去らてしまったが、1976年に再建されました。
住所 Wawel 5
電話 12-422-5155
開場 6:00~17:00
休み 無休
URL www.wawel.krakow.pl

アンネフランクの家

アンネ・フランクの家(アンネ・フランクのいえ、Anne Frank Huis)は、オランダのアムステルダムにあるアンネ・フランクの一家など8人が1942年から約2年間、ナチスの迫害から逃れるため隠れ家として住んでいた家を利用した博物館である。
アンネ・フランク財団が管理運営を行っている。
住所 Prinsengracht 267, 1016 GV
開場 9:00~15:30 On Line Ticket Only
15:30~21:30 窓口で買うチケットのみ
電話  31-205-56-7105

アウシュヴィッツ収容所

アウシュヴィッツ第一強制収容所はドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市(ドイツ語名アウシュヴィッツ[1])に、アウシュヴィッツ第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村(ドイツ語名ビルケナウ)につくられた。周辺には同様の施設が多数建設されている。

ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録した。公式な分類ではないが、日本ではいわゆる「負の世界遺産」に分類されることがしばしばである。一部現存する施設は「ポーランド国立オシフィエンチム博物館」が管理・公開している。

ハンガリーから到着したユダヤ人

劣悪な住環境や食糧事情、蔓延する伝染病、過酷懲罰や解放直前に数次にわたって行われた他の収容所への移送の結果、9割以上が命を落としたとされる。

1933年ドイツ国内や占領地のユダヤ人を拘束し、強制収容所に送った。
収容所では強制労働を課すことで労働を通じた絶滅を行い、また、占領地に設置された絶滅収容所においては銃殺、人体実験、ガス室などの直接的な殺害も行われた。1943年以降、絶滅収容所の導入など、殺害の手段を次第にエスカレートさせていったとされる。親衛隊は強制収容所の管理を担うとともに各地でユダヤ人狩りを行った。

出典:ja.wikipedia.org

アウシュビッツの石碑

「ヨーロッパ各国から連行された、主にユダヤ人から成る約150万人の男性・女性・子供をナチスが殺害したこの場所が、永遠に、絶望の叫びと人類への警告とならんことを
アウシュヴィッツ-ビルケナウ 1940 ‐ 1945」
いかがでしたか?ポーランドで女性一人旅をされる場合は自分の身も守りながら、ポーランドの歴史に触れた旅行をされる事をお勧めします。

チェコ・プラハでのプラハ城では『のだめカンタービレ』のロケ地になっています。ハナフスキー・パビロンや、ゴールデンウェル、ヘルゲトヴァ・ツィヘルナー、グランド・ホテル・ボヘミアに寄ってもいいと思います。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する