• はてぶ
  • あとで
女子旅・カップル旅におすすめ!お洒落な四国デザイナーズホテル・旅館22選

女の子同士の旅行ならお洒落なホテルや旅館に泊まりたいですよね?デザイナーズホテルなら、有名建築家が設計した洗練されたデザインの空間で楽しいひと時を過ごせますよ!四国のおすすめのデザイナーズホテルと旅館を一挙にご紹介いたします。これで四国の女子旅・カップル旅はバッチリです!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

愛媛県

1.瀬戸内リトリート青凪 / 松山市

建築家・安藤忠雄氏が監修した、元美術館をリノベーションしたホテル『瀬戸内リトリート青凪』。オールスイート全7室の贅沢なデザイナーズホテルです。東京スカイツリーの展望台とほぼおなじ高さに位置する「The AONAGIスイート」からは、四国の瀬戸内海の景色を一望することができます。

基本情報

rakutenで見る

愛媛県松山市柳谷町794-1

4.00 3156

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.道後舘 / 松山市

世界的建築家・黒川紀章が1984年に完成させた『道後舘』は、道後温泉を代表する旅館です。松山道後温のなかでも一際目立つ建物内で、非日常のひと時を過ごせます。食事は愛媛県産にこだわり、四季折々の旬の食材を頂くことができます。

詳細情報

bookingで見る

愛媛県松山市道後多幸町7-26

3.16 6124

3.別邸 朧月夜 / 松山市

全て露天風呂付のスイートルームタイプになっている「別邸 朧月夜」は、四国の隠れ旅館です。おすすめの特別和室は、他の客室よりゆったりした造りになっていて、客室露天風呂が二つ備わっています。

基本情報

rakutenで見る

愛媛県松山市道後鷺谷町4-4

3.12 222

4.CHAHARU離れ 道後夢蔵 / 松山市

和モダンなお部屋はお洒落な『旅庵浪六』。最上階ワンフロアすべてを使用したロフト付きのお部屋「別邸 如矢」は、内風呂と露天風呂の二つあり、どちらも道後温泉の引き湯になっています。露天風呂からは、国の重要文化財「道後温泉本館」を一望できます。

基本情報

rakutenで見る

愛媛県松山市道後湯月町4-5

写真を投稿する
3.11 10

5.道後温泉 茶玻瑠 / 松山市

道後初の屋上露天風呂がある『茶玻瑠』。屋上露天風呂は四季によって様々な種類の植物で彩られ、松山市街を一望出来ます。ホテルのような建物内にはレストランやワインバーなどがあるので、館内だけでも楽しめるのでおすすめの旅館です。

基本情報

bookingで見る

愛媛県松山市道後湯月町4-4

3.52 777

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

香川県

6.ベネッセハウス オーバル / 直島町

四国直島にある『ベネッセハウス』は「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、建築家・安藤忠雄氏が監修したデザイナーズホテルです。4つの宿泊棟があり、なかでもおすすめの「オーバル」は円形に沿って作られたお部屋が印象的な宿となっています。
宿の外には屋外展示が沢山。中でも必見が直島を代表する草間彌生による黄色いカボチャのオブジェ。屋内外には一般公開されている美術作品も多くありますが、宿泊者限定のギャラリーツアーも用意されているようなので、ぜひともそちらに参加してみてください。

基本情報

7.味わう、もろみの島宿。「真里」 / 小豆島町

『真里』は人気観光先・小豆島にある小さな古民家風の宿です。部屋数7つとこじんまりとした旅館内には醤油の香りがほのかに漂います。お風呂は「里枝温泉」という天然温泉で、ゆっくりと海を見ながら寛げます。
食事でいただく‟醤油会席”では、とれたての海の幸や山菜などを自慢の自家製の4種類の醤油でいただけます。瀬戸内海の海の幸と、職人たちが作ったこだわりの醤油とのハーモニーをお楽しみください。

基本情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する