• はてぶ
  • あとで
気分はもう夏休み!“7月がベストシーズンな”オススメ海外旅行先9選

7月になり、段々と暑さが増してくるともう夏本番という感じがしますよね。わくわくすることが多く、テンションが上がる夏は海外に行きたくなるものです。そこで今回は7月がベストシーズンな海外旅行先9選をご紹介します。今年の夏の旅行計画の参考にしてみてくださいね。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ドブロブニク【クロアチア】

まずはじめにご紹介するのはクロアチア・ドブロブニクです。クロアチアの最南端に位置しています。7月は東京に比べて降水量が少ないにもかかわらず、気温は東京ほどあるので、カラッとした天気の中過ごすことができそうです。
屋根の色鮮やかな色と、海の色のコントラストが美しいですね。ヨーロッパならではの整った町並みを見ることができます。また7月の中旬からは芸術祭が開催されるのだとか。気になる方はチェックしてみてくださいね。

詳細情報

②ニューカレドニア

続いてご紹介するのは「ニューカレドニア」です。海が綺麗なニューカレドニアは南半球なので7月~9月が冬の時期で、1年で最も気温が下がる時期が8月です。しかし、冬と言っても平均気温が20℃と非常に過ごしやすく、降水量が少ないのでおすすめです。
天国に1番近い島と言われている"イルデパン"はニューカレドニアの中でも群を抜いて美しい島です。真っ白な砂浜に恐ろしいほど透き通ったエメラルドグリーンの海が広がっており最高のバカンスを過ごすことができます。

詳細情報

③ニャチャン【ベトナム】

3つ目にご紹介するのは、ベトナムにあるニャチャンという街。ベトナムのビーチリゾートとして人気なのに加えて、7月は乾季で雨が少ないのが特徴的。しかし暑さはあるので熱中症などには注意が必要です。
なんといっても東南アジアという手軽さ、近さが魅力的。物価の面でも財布にやさしいので安心です。ハノイやホーチミンから、飛行機と車を利用することでアクセスすることができます。気になった方はチェックしてみてくださいね。

詳細情報

Vietnam,Thành phố Nha Trang

3.01 09

④スイス

続いてご紹介するのは「スイス」です。アルプス山脈が連なるスイスは緑豊かで、トレッキングは7月がベストシーズンです。初心者でもツアーがあるので十分楽しめます。ちょっとまたいでイタリアへ日帰り旅行なんてことも可能です。
スイスといったらマッターホルンなどが連なるアルプス山脈を縦断する山岳鉄道が有名。ビーチリゾートだけでなく、スイスの大自然に囲まれながら静かな休暇をすごすのもいいかもしれません。

詳細情報

⑤サムイ島【タイ】

5つ目はタイの「サムイ島」です。やっぱり夏だからビーチリゾートを楽しみたいという方にはおすすめの島です。サムイ島の魅力は、のんびりとしたタイの田舎の風情を残しつつ、自然に溶け込んだリゾート開発がされているところです。
サムイ島はヤシの木が多いことから"ココナッツアイランド"とも呼ばれています。夏の東南アジア半島部はほとんどの地域が雨季ですが、中には例外もあり、タイのサムイ島は雨季の合間の7月は晴れが多く、海も穏やかな安定期です。

詳細情報

⑥モン・サン=ミシェル【フランス】

6つ目はフランスの「モン・サン=ミシェル」です。世界屈指の観光地でありながらパリから片道4時間もかかってしまうためせっかくフランスに来たのに時間が制約されてしまいます。しかし7月なら日没は9時ごろなので、暗くなる時間をあまり気にしないでゆっくり観光できます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Narikintonすーいすい水星人

このまとめ記事に関して報告する