• はてぶ
  • あとで
お洒落ヘルシーに水分補給!デトックスウォーターと一緒に夏のおでかけを楽しもう

熱い夏に欠かせない水分補給。おしゃれでヘルシーなデトックスウォーターなら、水分補給をしながら美容効果も期待できちゃいます!今回は意外と簡単に作れるデトックスウォーターのレシピと効果、一緒に出かけたいおすすめスポットをご紹介します。この夏は可愛く美味しく、デトックスウォーターで乗り切ろう!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

いよいよ夏本番!水分補給はどうする?

夏の本格的な暑さを感じられるようになった今日この頃、こんな季節の美容・健康に欠かせないのが、こまめな水分補給です。
水分補給と言っても、カロリーの高いジュースばかりは控えたいし、かといって水ばかり飲むのも味気ない。そんなあなたは今話題の「デトックスウォーター」でこの夏を乗り切ってはいかがですか?

可愛くてヘルシーなデトックスウォーター

海外セレブの間で人気となり、昨年の夏から日本でも注目されてきた「デトックスウォーター」その名の通り、水分補給をしながら体の中からキレイになれる飲み物なんです。まだ挑戦したことのないあなたのために、意外と簡単に自宅で作れちゃうデトックスウォーの作り方をご紹介します!

まずはおしゃれなボトルを用意!

せっかくのデトックスウォーターは、見た目にも楽しく、おしゃれなボトルで楽しんでほしいところです!自分に合ったサイズのもの、そして毎日使えるように手入れの簡単なものを選んでください。
ボトルのデザインはどんなものでも構いませんが、透明なウォーターボトルがオススメです。なぜならほら、デトックスウォーターに入れたフルーツや野菜が外から見えるので、カラフルでかわいいんです!

はじめはすっきり飲みやすいレモンウォーターから

言ってしまえば、水に果物を入れただけにも見えるデトックスウォーターですが、本当は奥が深いんです。まずはレストランなどでも出てくるレモン・ウォーターから始めてみましょう。
スライス・カットしたレモンをボトルに入れて、お好みのミネラルウォーターを注ぎましょう。レモンのクエン酸には体内を洗浄するデトックス作用があるので、爽やかでだれでも飲みやすく、かつデトックス効果の高いお水を簡単につくれちゃうんです。

むくみ解消!カリウムたっぷりウォーター

デトックスウォーター愛用者に人気の食材といえば、きゅうり。ちょっと抵抗があるかもしれませんが、意外にも口当たりはよく、ごくごく飲めてしまいます。
デトックス食材として知られるきゅうりには、カリウムが豊富に含まれています。体内の老廃物を出す働きがあるため、むくみなどの解消に効果があるとされています。

疲れた肌を若返らせる!ビタミンCウォーター

夏の紫外線にも負けない、白く美しい肌をキープしたいならビタミンCたっぷりのフルーツを入れてみましょう!例えばいちごには美肌に欠かせないビタミンCに加え、ダイエット効果を期待できるとされるアントシアニンが豊富に含まれています。
また、デトックスウォーターの定番フルーツ、オレンジはコレステロールを下げてくれる万能フルーツとされています。味も飲みやすく見た目も鮮やかなので、ぜひ入れておきたいフルーツです。

香りを楽しむ!ハーブ・スパイス使いで上級者に

デトックスウォーターの基本が分かったら、好みに合わせてハーブを入れて香りにアクセントを加えてみてはいかがですか。ミントのほか、大葉やシソを加えれば、夏に嬉しい爽やかなフレーバーに!
例えばシナモンには血糖値を下げたり、抗菌の作用があるほか、鉄や亜鉛などの栄養素も含まれていると言われています。
代謝をアップさせ、発汗作用もある生姜は、ダイエットに持ってこいの食材です。スライスしてデトックスウォーターにも入れてみては?

保冷の氷も一工夫!

せっかくのデトックスウォーターもぬるくなってしまっては美味しくありません。フルーツやミントを製氷器で凍らせれば、見た目も可愛いアイスキューブの完成です!

あとは好みに合わせてアレンジし放題!

ここまでにご紹介したデトックスウォーターのほんの一部ですが、普通はこれらの具材を好みや目的に合わせて組み合わせて作ります。自分にピッタリなレシピを生み出してみてくださいね。

デトックスウォーターと一緒に、どこに出かける?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

run_forrest_runアートとねことYouTubeが大好きな道産子ライター。

このまとめ記事に関して報告する