• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
可愛さに悶絶!わざわざ食べに行きたい東京都内の“フラワースイーツ”5選

最近、フラワーショップ併設のボタニカルカフェなどが流行っていますよね。エディブルフラワーという食用のお花(Edible=食べられる、flower=お花)を使ったかわいいフラワースイーツが有名な東京都内のお店を5カ所紹介したいと思います。女子必見!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ニコライバーグマン ノム(表参道)

最初に紹介するフラワースイーツがかわいいお店は、表参道にある「ニコライバーグマン ノム」です。フラワーアーティスト「ニコライ・バーグマン」のフラワーショップに隣接されているオーガニックフード店「Nicolai Bergmann NOMU」で、お花屋さんとしてももちろん大人気です。
「スモーブロー」がやはり女子に一番人気です。「スモーブロー」とは、「バターを塗ったパン」という意味の、デンマークの伝統的なオープンサンドイッチでパンが隠れるほど具をのせるのが特徴です。色鮮やかなお花が乗っていてかわいすぎます。スイーツではないですが、かわいさはスイーツ級です。
他にも、野菜のラップサンドやスパイシーチキンのパニーニ、バナナケーキ、マフィンなど様々な種類があり、どれもフォトジェニック!

詳細情報

  • 東京都港区南青山5-7-2
  • 03-5464-0824

②ガルテン(表参道)

2番目に紹介するフラワースイーツがかわいいお店は、「ガルテン」です。2014年12月23日、南青山に小さなサンドイッチ屋さんがオープンし、季節を挟んだサンドイッチ屋として注目を集めました。

とっておきの日のフルーツサンド(680円)

ドイツ語で“庭”を意味する「ガルテン」では、その時美味しい旬の食材をたっぷり使用した、季節感を楽しめるサンドイッチを提供しています。どれも名前もかわいく、お花が乗っていて、かわいいですよね。
イートインする人が多く、木の板に乗せられたサンドイッチはとてもかわいいです。また、ドリンクにも花が乗っていたり、幸せになれるサンドイッチ屋です。もちろん絶品で、甘すぎないクリームや新鮮なフルーツがたまらないです。

詳細情報

  • 東京都港区南青山3-13 246COMMON 6

③ハナノババロア ハバロ(東京駅)

3番目に紹介するフラワースイーツがかわいいお店は、日本初となるフラワーババロア専門店「花のババロア havaro」です。母の日などでは人気を集めました。イートインスペースはないため、要注意!
フルーツババロアは、パティシエが毎日ひとつひとつ、季節の花に合わせて、色やバランスなどを考えながら独自の感性で作り上げているため、ひとつとして同じ組み合わせのない、「世界にひとつだけのスイーツ」なのです。素敵ですよね。
ババロアのフレーバーはオリジナル(バニラヨーグルト風味)、フレーズ(苺のピューレと生クリームを使用)、オレンジ、ショコラ、クリームチーズ、抹茶の六種類!サイズも「ブーケ(約2,000〜2,800円)」、「フルール(1個350円)」など三段階あり、とっても選びやすくなっています。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する