• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
こんな図書館見たことある?アメリカの"カンザスシティ公共図書館"が凄い

世界には様々な図書館がありますが、その中でも特にインパクトの強い図書館がアメリカにあります。今回はそんな図書館"カンザスシティ公共図書館"について紹介します。

このまとめ記事の目次

カンザスシティ公共図書館とは?

カンザスシティ公共図書館とは、アメリカのミズーリ州カンザスシティにある図書館になります。特徴は何と言ってもその外壁にあります。巨大な本が何冊もそびえ立っているのです。
駐車場前の壁面に大きく描かれている本。人と比べるとその大きさが一目瞭然ですよね。カンザスシティ公共図書館はもともと銀行だったため、作りが重厚な部分もあり由緒を感じさせてくれます。

カンザスシティ公共図書館の歴史

1873年に設立されたカンザスシティ公共図書館。その当時はまだ外壁の大きな本棚は作られていなく、普通の図書館でした。しかしその後何度も修繕を繰り返し、2004年に現在の本棚が完成しました。
外装はユニークでオシャレですが、図書館内は意外にも落ち着いていて、美しい図書館になっています。天井が高く広々とした空間が魅力のこの図書館は、試写会や会議室に使われることも多々あります。

どうしてこのような外壁になったの?

アイデアとしては単純で、話題性のあることをしてカンザスシティ公共図書館を有名にしようとすることから始まりました。そこで地域住民からカンザスシティを代表する本を公募し、合計22冊の本が選ばれ、巨大な本棚として建てられました。
建てられた22冊の本は全て実在する本になります。例えばレイチェルカーソンの『沈黙の春』やE・B・ホワイトの『シャーロットの贈り物』など世界的にも有名な作品が並んでいるので、自分の知っている本を探すことも面白いかもしれません。

他にもユニークな部分がたくさんある!

カンザスシティ公共図書館はDimensional Innovationsという有名なデザイン会社がデザインしました。駐車場の周りの巨大な本棚が建てられた後、この図書館駐車場は建築界の数々の賞を受賞しました。
一見普通の階段かと思いきや一段一段本で作られています。このような遊び心も世界からカンザスシティ公共図書館が注目される理由の一つですよね。

アートな図書館を体験しに行こう!

いかがでしたか?とってもインパクトがある図書館ですよね。世界中には様々なユニークな建物がありますが、今回は中でも特にユニークな図書館を紹介したので是非参考にしてみてください。

詳細情報

  • 14 W 10th St, Kansas City, United States

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する