• はてぶ
  • あとで
新潟県にある江戸時代の豪農の住宅が贅沢過ぎる!重要文化財に指定されている豪邸5選

新潟県と言えば、米処として知られるエリアです。米処と言えば豪農が沢山輩出されたエリアでもある新潟県には米やお酒を使って財を成した豪農の私邸が重要文化財に認定される程、豪華な造りで今も残っています。豪雪地帯ならではの知恵や、美しい木造建築を堪能する為に是非「豪農の私邸」を見学してみませんか?見学し出すと楽しく美しい米処新潟の名家のお家、重要文化財指定のおすすめ5選をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

第1選 「旧長谷川家住宅」(新潟県長岡市)

江戸時代初期から庄屋を務めた旧家の館で、約270年前に建築されたもの。現存する豪農の館としては新潟最古と言われている。

出典:tripplanner.jp

当時、豪農として知られた邸内は、かなり広く、50分の見学時間ではなかなか詳しくは見られないほどでした。

出典:www.u-kensetu.gr.jp
新潟最古の豪農の家としても知られる、「旧長谷川家住宅」は、新潟県長岡市にあります。敷地内の建物の数々が国の重要文化財にも登録されており、江戸中期から後期の建築物を見学する事ができます。豪農で知られた長谷川家は江戸初期以降庄屋を務めており、表門から総茅葺の立派な門が迎えてくれます。立派な梁が屋内から見える主屋も重要文化財に指定されており、江戸の建築様式を知るのにおすすめの建築物です。
新潟県長岡市塚野山773-1
旧長谷川家住宅
TEL:0258-92-5903
FAX:0258-92-6942
営業時間:9:00~16:30
料金:大人420円 中学生以下210円

第2選 「旧笹川家住宅」(新潟県新潟市)

「旧笹川家住宅」は、江戸時代に旧村上藩の大庄屋を務め、味方組八ヵ村を支配していた笹川氏の旧屋敷です。日本でも有数の規模を持つ近世後期の大庄屋住宅として、国の重要文化財に指定されています。

出典:www.manganime-niigata.jp

こちらの魅力は何と言っても、シンプルな中に潜む美的感覚溢れる、建具や壁紙などの装飾と言っても過言ではありません。まるで、桂離宮の松琴亭の市松模様の意匠にひけをとらないほどに見事なデザインです。

出典:ameblo.jp
笹川家は新潟の地で300年以上に渡り、豪農・大庄屋として続いた名家です。そのうち明治維新までの約200年間は9代に渡って大庄屋を世襲。水害の多かった味方地方の開発に尽力した豪農の家として栄え、住宅だけではなく役所としても使用された住宅跡は現在重要文化財に指定されています。こちらの重要文化財「旧笹川家住宅」の周囲にもお堀が張り巡らされ、当時の豪農の影響力を知るにはおすすめの観光スポットです。
旧笹川家住宅
新潟県新潟市南区味方216
TEL:025-372-3006

第3選 「星名家住宅」(新潟県十日町市)

星名家は豪農である一方豪商であることから一般的な農家建築とは異なり商家建築である町屋風で1階下屋は雪国の町屋建築特有の「雁木」が設え、梁や柱なども太いものが使用されています。

出典:www.niitabi.com

現在ももちろん住居として使われていることもあって、内部を拝見する事が出来ないのが残念でした。

出典:hd2s-ngo.asablo.jp
江戸時代より酒造業を生業として発展した新潟県十日町市の星名家の町屋造りの住宅が「星名家住宅」として重要文化財に指定されています。豪雪地帯としても知られる新潟県十日町市の雪にも耐えられるよう豪壮な造りとなっていながらも、格子戸が美しいデザインになっていて建築文化に興味のある方にはおすすめの観光スポットです。住宅は残念ながら現在公開されていないのですが、外から伺い見るだけでも見応えのある新潟を代表する重要文化財です。
星名家住宅
新潟県十日町市上野甲1045
TEL:025-768-4951(川西支所 地域振興課 地域振興係)

第4選 「目黒邸」(新潟県魚沼市)

正直行く前はあんまり乗り気じゃなかったんだけど、いざ目の前にすると色々とワクワクしたね。やっぱり行動してみないともったいないね! まさか民族資料館みたいなところでも結構楽しめるとは思ってなかったわ。

出典:www.alwaysmugyo.com

寛政9(1797)年に建てられた豪農の館。桁行十六間・梁間六間の豪壮な造りで、豪雪地帯の農家の特徴を備えている。庭園や離れ座敷の茶室などもすばらしい。映画やNHK大河ドラマにも使用された。

出典:kanko.travel.rakuten.co.jp
映画や大河ドラマなどの撮影で使用されることもある新潟県魚沼市にある「目黒邸」は、江戸時代に建築された豪農目黒家の住宅跡です。現在は重要文化財にも指定されており、当時の豪農の暮らしぶりがわかる施設として一般公開されています。上杉景勝が目黒邸に立ち寄ったとされる資料も残っており、当時の豪農の権力を伺い知る事ができます。歴史ファンにもおすすめの重要文化財です。
目黒邸
新潟県魚沼市須原892
TEL:025-767-3220
営業時間:9:00~16:00
定休日:年中無休
料金:大人300円 子供100円

第5選 「渡邉邸」(新潟県)

「大座敷」の裏側には「武者隠れの間」というのがあり、まるで時代劇のセットのよう。武者隠れの間とは、お殿様に何かあった時の為にお付の武士が控えるために設けられた場所。

出典:www.niigata-kankou.or.jp

このお屋敷の屋根は、板の上に石を置いた珍しいものです。この石の1つ1つまで、全てが文化財なわけですが200年近くにわたり、1度も落ちたことが無い。。。というので受験生にもご利益のある石だとか。

出典:blogs.yahoo.co.jp
2015年に大改修を終えた、新潟県関川村の重要文化財「渡邉邸」。TVドラマのロケに使用されたことにより、全国的に名が知られるようになりました。大改修により耐震補強がなされ、今まで見学できなかった施設も立ち入って見学できるようになりましたので2度目の見学者の方にもおすすめです。新潟県の中でもメディアを利用して重要文化財を使って地方復興に繋がったモデルになった建築物です。
渡邉邸
新潟県岩船郡関川村下関904
TEL:0254-64-1002
いかがでしたか?
米処とあって新潟県は豪農が多く、当時の建物が重要文化財に指定されている貴重なスポットを5選お届けしました。
一部非公開の建物もありますが、それぞれに個性があって広大な敷地を活かした庭園が美しい住宅跡が多いのが特徴です。
木造建築で建てた廊下のある広大な住宅を是非ご覧になってみて下さい。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する