• はてぶ
  • あとで
一生の思い出は日本で作ろう。国内ハネムーンで行きたい人気エリアTOP10

最近話題の“国内ハネムーン”。新婚旅行と言えば海外をイメージする方も多いと思いますが、実は今ハネムーン先を国内にするカップルが増えているんです。そこで今回は国内ハネムーンを選ぶカップルにおすすめしたい、人気“国内ハネムーンスポット”をランキングでご紹介。一生の思い出は、ここ日本で作ってみませんか?(※なお情報記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【第1位】沖縄県

国内ハネムーンで行きたい日本全国の人気おすすめエリア第1位は「沖縄県」です。文句なしの人気を誇り、日本に居ながら青くて美しい海を楽しむことができる、ハネムーンにおすすめのリゾート地です。非日常体験をしたいカップルにぴったりです。

日本屈指のリゾート地で絶景ビーチに出会う旅

日本屈指のリゾート地である沖縄県には、日本一美しいと言われている波照間島のニシ浜ビーチをはじめ、想像を超える美しきビーチがたくさん存在しています。海外の絶景ビーチも匹敵するような美しい海を沖縄で体感してみましょう。

詳細情報

離島巡りで沖縄の魅力を再発見

ビーチ巡りをするついでに、沖縄の離島巡りもしてみましょう。沖縄本島からも様々な離島へ行くことができますし、石垣島からも飛行機やボートで様々な離島へアクセスできます。中でも竹富島は沖縄の原風景が残ったのんびりとした風景を楽しむことができますよ。

詳細情報

沖縄県八重山郡竹富町竹富竹富島

3.99 441911
『何もない』けど『全てがある』島

石垣島離島ターミナルからフェリーで10分から15分、アクセス抜群です。 大きくはない島なので、レンタサイクルを借りて島をまわるのが基本。砂の道は結構タイヤを取られるので、電動自転車がおススメです。かなり違います(笑)。 遠浅でキレイなブルーが続くコンドイビーチにはたくさんの猫ちゃんたちが思い思いに昼寝、カイジ浜で星の砂を探すのも楽しいです。アイヤル浜はちょっとアクセスが悪いですが、その分人も少なく絶景ビーチを独り占めできます。 1番好きなのは西桟橋。突き出た桟橋からパーフェクトブルーの海を見ていると、嫌なことなど吹っ飛びます。竹富島に泊まった方のみ見れる西桟橋からの夕日は格別とか... ランチのオススメはなんといってもそば処竹の子。八重山そばの完成形だと個人的には思ってます。 都会のガヤガヤ感や便利さ比べたら何もない島だと思います。でも、1つとして同じもののないシーサーが見下ろす赤甍の民家と輝く白い砂の道、ゆっくり進んでいる水牛車からはおじぃの三線の音が聴こえてくる...沖縄の原風景がここにあります。時間を気にせず、何をするでもなく、思いついたことをゆっくりする。すごく贅沢で内容の濃い体験ができる島だと思ってます。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【第2位】鹿児島県

国内ハネムーンで行きたい日本全国の人気おすすめエリア第2位は「鹿児島県」。近年注目を浴びている観光エリアです。沖縄とはまた違った美しい海や、北海道にも肩を並べられる自然の景色など、見どころ満載です。

幻のビーチ・百合ヶ浜を目撃せよ

近年話題になっている、鹿児島の幻のビーチ「百合ヶ浜」。幻の絶景現象“サンドバー”見ようと、百合ヶ浜のある与論島に全国から多くの観光客が訪れています。ハネムーンにこんな幻の景色を見ることができたら、きっと永遠に幸せになれることでしょう。

詳細情報

屋久島で日本の神秘を感じる

鹿児島といえば忘れてはならないのが「屋久島」の存在。日本でも非常に人気の高いパワースポットです。特にハート型の「ウィルソン株」は、2人で見てみたいですね。神秘的な自然から、是非パワーをもらって帰ってくださいね。

詳細情報

【第3位】北海道

国内ハネムーンで行きたい日本全国の人気おすすめエリア第3位は「北海道」。大自然を体感するハネムーンにしたいなら、間違いなくおすすめしたいエリアです。北海道といってもかなり広大なので、時間があるハネムーナーには特におすすめです。

大自然を感じる観光名所巡り

北海道に行くなら、この地ならではの美しい自然の景色を見てみましょう。冬の雪景色をイメージしがちですが、春夏に見ることができる生き生きした自然の絶景は一見の価値ありです。「青い池」をはじめとする北海道ならではの美しい自然い癒されましょう。

詳細情報

新鮮な海の幸を堪能

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 人生に人は何度旅をするのだろう。でも、そんな数え切れない旅の中でも絶対に忘れら…

  • 永遠の愛を誓い合った二人。結婚したばかりの夫婦がする旅行を一般的にハネムーンと…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

arianaventiヴェンティー

このまとめ記事に関して報告する