• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~

『フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~』。ヨーロッパで最もおしゃれで優雅な国フランス。女性だけなく男性も楽しめるスポットが盛りだくさん。一人旅でも十二分に楽しめること間違いありません。

このまとめ記事の目次

1.ディズニーランド・パリ

年パスも無事にゲットしたし、いよいよショーパレです!しかもこの日は午後から晴天に!やったー!

出典:flying-icecream.cocolog-nifty.com

演出のアレンジや迫力増加が行われており、斬新な体験ができると思います。

出典:blogs.yahoo.co.jp
『フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~』。最初に紹介するのは「ディズニーランド・パリ」です。

日本にも東京ディズニーランドがありますが、ディズニーランド・パリも一味違ったおもしろさがあります。シーズンや日数を調整して、事前に園内地図などを見てじっくり計画を練ることもディズニー好きとしては楽しみのひとつですね。

基本情報

【名称】ディズニーランド・パリ
【住所】Place des Passagers des Vents, 77700 Chessy
【アクセス】RER(パリ高速地下鉄)A4線でMarne La Vallee駅下車徒歩5分。
【入場料】大人89ユーロ、子供69ユーロ、2歳以下無料
【電話】(01)60306053
【営業時間】季節や曜日により異なる
【休業日】無休

2.凱旋門

パリもいいですね〜。建物、人も皆オシャレに見えます

出典:furuta.blog.jp

地下道を潜ると凱旋門の麓に来ることができる。麓までは無料で来られるが、9.5ユーロ払うと門の上まで昇ることができる。

出典:www.ttcbn.net
『フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~』。次に紹介するのは「凱旋門」です。

シャンゼリゼ通りから見ることができる、エッフェル塔と並ぶパリのシンボルといえるでしょう。定番のおすすめ観光スポットではあるものの、やはり根強い人気を誇ります。上に登ることもできるので、余裕がある方はぜひ登ってみましょう。パリの街が一望できます。

基本情報

【名称】エトワール凱旋門
【住所】Place Charles de Gaulle, Paris
【アクセス】地下鉄1号線、RER A線Charles De Gaulle-Etoile駅下車
【入場料】7.5ユーロ
【電話】(01)55377377
【営業時間】10:00~23:00 (10~3月22:30 )
【休業日】1/1、5/1、5/8(午前)、7/14(午前)、11/11(午前)、12/25

3.エッフェル塔

120年以上も前に造られた建物のエレベーターが動いてるって。かなり驚異的やね!!

出典:emimholidays.blog.fc2.com

階段の途中にはエッフェル塔についての雑学(?)のようなことが書いてあるポスターが展示されていて、とても面白かったですよ。みんな階段のぼろーやー

出典:fujitk810.hatenablog.com
『フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~』。次に紹介するのは「エッフェル塔」です。

定番の名所ではありますが、エッフェル塔を見るとパリに来た!という思いを感じることができるでしょう。外観だけでなく、塔の中に入ることも出来るのですが、そのあまりの人気に塔に入るのも一苦労です。

基本情報

【名称】エッフェル塔
【住所】Champs de Mars, Paris
【アクセス】地下鉄6号線Bir Hakeim駅、8番線Ecole Militaire もしくはRER C線Champs de Mars - Tour Eiffel駅下車
【入場料】2階まで8.20ユーロ、最上階13.40ユーロ(エレベーターの場合)
【電話】(01)44112323
【営業時間】9:00~24:45(6/15-9/1)、それ以外は9:30~23:45
【休業日】無休

4.モン・サン・ミシェル

こちらを訪れている方は、自力で行くという方か迷っている方かだと思うのでぜひ一泊か日帰りなら午前中に到着してゆっくり満喫してみてください

出典:onna-hitoritabi.com

ついにその日がやってきたのよーー!モンサンミッシェルに向かってバスツアー始まり始まり!

出典:ameblo.jp
『フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~』。次に紹介するのは「モン・サン・ミシェル」です。

フランスだけではなく世界的な観光スポットランキングでも上位に入るその光景は、まさに圧巻です。男子一人旅でもその美しさに息をのむことでしょう。

基本情報

【名称】モンサンミシェル修道院
【住所】BP 22, 50170 LE MONT ST-MICHEL, FRANCE
【アクセス】レンヌ駅でバス搭乗。
【入場料】大人9ユーロ こども無料
【電話番号】(02)33898000
【営業時間】5/2~8/31-9:00~19:00 9/1~4/30-9:30~18:00
【休業日】1/1,5/1,12/25,祝日は要確認

5.ルーブル美術館

10時の開館前に並んで早めに入りました。ルーブルとオルセーは朝一番が空いていておススメです。

出典:blog.livedoor.jp

モナリザ。うーん、人が多すぎてなかなか近寄れない。おしくらまんじゅうしながら、人の波をかきわけ少しづつ歩を進める。 最前列にきても落ち着いて鑑賞できるはずもなく一瞬の対峙で終了。あー、消化不良。。

出典:lineblog.me
『フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~』。最後に紹介するのは「ルーブル美術館」です。

その広大さ、展示されている作品の多さ、どれをとっても一日では見ることはできないでしょう。雨に左右されずに楽しむことができるので、コースや日数に余裕ができた場合、滞在中に数回訪れることも出来ますね。

基本情報

【名称】ルーヴル美術館
【住所】34, Quai de Louvre 75001, Paris
【アクセス】地下鉄1、7番線Palais Royal Musee Du Louvre下車
【入場料】12ユーロ
【電話】(01)40205050
【営業時間】9:00~18:00(水・土21:45)
【休業日】火曜、12月25日、1月1日、5月1日

いかがだったでしょう?

『フランス男子一人旅おすすめスポット5選~これであなたもフランス紳士~』。いかがだったでしょうか?

フランスは定番の名所以外にも人気な街が多くコースやツアー選びに迷ってしまいますが、とにかくまずはパリ周辺の人気の名所を抑えつつ、シーズンと日数によって行きたい街を探索してみるのもいいかもしれませんね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する