• はてぶ
  • あとで
ルーヴル美術館だけじゃない!芸術の都パリで行きたい個性的な美術館7選

だれもが憧れを抱く芸術の都パリ。美術館と言えば、ルーブル美術館、オルセー美術館、オランジュリー美術館の三大美術館が有名です。しかし、パリの美術館はこれだけではありません!まだまだ魅力的な美術館がたくさんあるのです。今回は、パリをこよなく愛する筆者がお勧めしたい個性的な美術館を7つ紹介していきたいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① ダリ美術館 / モンマルトル

初めに紹介するのは、モンマルトルにある「ダリ美術館」。スペイン出身の”サルヴァドール・ダリ”という人物について、中学校などの美術の時間で名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?あるいはダリの代表作である、ぐにゃんと曲がった時計が印象的な”記憶の固執”の絵を目にしたことがあるかと思います。
ここのギャラリーでは、シュルレアリストである”ダリ”の立体作品やデッサンが300点以上展示されています。独特な彼の世界観を全身で感じることができ、訪れた人の満足度の高い美術館です。

スポット詳細

11 Rue Poulbot, 75018 Paris, France

3.01 05

② ロマン派美術館 / モンマルトル

次に紹介するのはモンマルトルの「ロマン派美術館」です。ここは19世紀のロマン派運動を牽引したアトリエです。ショパンなどの当時活躍していた芸術家や文化人たちが出入りしていました。一歩中に入ると美しい庭と邸宅があらわれて異空間に来た気分になれます。常設展は無料で、庭にはサロン・ド・テがありお茶や軽食を楽しむこともできます。
著名人に縁のある品々の展示もされています。部屋の調度品は煌びやかで豪華なものが多く、見ているだけでも十分に楽しむことができます。

スポット詳細

16 Rue Chaptal, 75009 Paris, France

写真を投稿する
3.00 00

③ マイヨール美術館 / サン・ジェルマン・デ・プレ

次に紹介するのはサン・ジェルマン・デ・プレにある「マイヨール美術館」。1995年に開館したというこちらの美術館では彫刻家マイヨールの作品が多く集まっており、彼の作る曲線美の世界を楽しむことができます。
それだけではなく、ゴーギャンやピカソなど20世紀に大活躍した芸術家たちの作品もあり、バラエティに富んだ美術館です。訪れてみる価値ありのおすすめの場所です。

スポット詳細

158 Boulevard Haussmann, 75008 Paris, France

写真を投稿する
- 00

④ ロダン美術館 / エッフェル塔周辺

次に紹介するのはエッフェル塔周辺にある「ロダン美術館」。芸術家・ロダンが生活を送っていたというこの広大なイギリス式庭園を伴う邸宅は、1919年に美術館となりました。庭にある名作”考える人”などのロダンの作品と見事な庭園のコラボレーションには圧倒されます。
メトロから歩いてすぐというアクセスが良い位置にあるため、迷うことなく行くことができます。そして他の美術館に比べてすいていることが多く、ゆったりと見て回れることが可能です。

スポット詳細

79 Rue de Varenne, 75007 Paris, France

3.19 150

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ マルモッタン美術館 / パッシー

次に紹介するのはパッシ―にある「マルモッタン美術館」。ここは日本でもファンの多い印象派の画家”モネ”の作品収蔵数が世界一なのです。まさに世界のモネファン垂涎の美術館と言えるでしょう。
モネの息子によって寄贈された65点の作品の他にも、ユトリロやルノワールなどの作品もあります。わざわざ訪れるべき魅力満載の美術館です。

スポット詳細

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • あなたは秋をどうやって楽しみますか?今回はゆったり秋を満喫できる「芸術の秋」を…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する