• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
海外に出かける前に!今こそ知ってほしい「イスラム教」に対する5つの誤解

これから東南アジアや中央アジア、中東などの海外旅行に行く皆さん。禁煙だんだんと身近になりつつある「イスラム教」についてどれだけ知っていますか?知らないと旅行や日常生活でも恥をかく「イスラム教の本当の姿」はあなたのイメージと少し違っているかもしれませんよ。

このまとめ記事の目次

【1】イスラム教徒はアラブ人だ

イスラム教と聞くと、サウジアラビアなどの中東に暮らす人々、さらにはアラブ人のイメージを持つ人もいるかもしれません。でも実際には、中東だけでもたくさんの民族が暮らしていて、イスラム教は決してアラブ人だけの宗教ではありません。
イスラム教徒、いわゆるムスリムの人々の人口が最も多い国はインドネシアです。他にもマレーシアやシンガポールなどの東南アジア、中国・日本などの東アジア、ウズベキスタンなどの中央アジア、また北米やヨーロッパまで、世界中の人がイスラム教を信仰しています。

【2】イスラム教はテロや暴力で問題を解決する

最近多発し問題となっているテロ事件。罪なき人々を狙った許しがたい犯罪ですが、2001年のアメリカ同時多発テロ以降、これらのテロ行為をムスリムの人々と結びつけて語られることもありますね。
実際には、ISIS(イスラム国)などの過激派組織が行っているテロ行為はイスラム教の信条に反するものです。ほとんどのムスリムの人々はイスラーム法に基づいた慎ましい生活をおくっており、暴力やテロ行為で問題を解決するようなことはしません。

【3】イスラム教は「シーア派」「スンニ派」だけじゃない

イスラム教を語る上で欠かせない問題がシーア派とスンニ派の対立です。この国はシーア派、この国はスンニ派とくくった解説はわかり易いようですが、現実はそれほどシンプルではありません。
大変多くの信者がいるイスラム教ですから、当然他の宗教と同じように様々な宗派が存在します。スンニ派とシーア派の二項対立の図を見て分かった気になるのは、少しはやいのかもしれません。

【4】イスラムの男性は誰でも多くの妻をもてる

イスラーム法では、1人の男性が複数(4名まで)の女性をもつことが許されています。男性の性の能力を考えれば、一夫一妻制よりもむしろ自然であり、女性の比率が多くなりがちだった近代以前では理にかなった制度だったようです。
ただし、これはそもそもイスラム教の助け合いの精神に基づいて、未亡人をはじめ複数の女性を男性が「養ってあげる」ことが前提にあると言われています。そのため相当な経済的余裕がなければ2人目の妻をとることは難しく、現在では一夫一妻の家庭が一般的です。

【5】イスラム教徒はキリスト教を憎んでいる

イスラム教徒の多くは、キリスト教の神、ユダヤ教の神がイスラム教の神(アッラー)と同じだと信じています。キリスト教におけるイエスキリスト(神の息子)の信仰などは認めないものの、預言者としてのイエスキリストの存在も認めています。
その証拠に、コーランの中にはイエスキリストについての記述が93回もあります。イスラム教徒はキリスト教を憎んでいるわけではありません。むしろ、仏教やヒンドゥー教などの多神教・偶像崇拝を蔑視する傾向はあるようです。

偏見をなくしてから、海外にいこう。

いかがでしたか?世界に多くの信者がいるイスラム教に対する偏見は、少しでもなくなったでしょうか。無用な恐れや抵抗を感じる必要はありません。海外旅行でムスリムの人々にであっても、偏見なくコミュニケーションがとれるといいですね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

run_forrest_runアートとねことYouTubeが大好きな道産子ライター。

このまとめ記事に関して報告する