• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
いま、海外旅行って危険?その「現状と対策」を詳しくまとめてみた

世界各国でテロ事件が多発する今日この頃、とくに観光客に人気の都市や外国人である日本人が標的となるケースも多くあります。このような状況のなか、海外旅行を計画している人はどのような対策をすれば良いのでしょうか?今こそ気になる、海外旅行の安全性の問題をまとめてみました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

もはや他人事じゃない、旅行中の危険

今月初め、バングラデシュ・ダッカにて、レストランを襲ったテロリストにより邦人を含む17名の外国人が射殺されるという恐ろしい事件が起こりました。
また7日には日本人観光客も多い台北の地下鉄で爆破事件も起きており、日本でも衝撃的な事件として大きく報道されました。
昨年以降特に頻繁に起こっているテロ事件。過激派勢力による自爆テロだけにとどまらず、ヨーロッパや東南アジアなど、これまで比較的安全だとされて地域での事件が相次ぎ、今や地球上のどの都市でも安心ができない状況となっています。

やっぱり、海外旅行はやめるべき?

こうした緊張した状況の中、海外旅行を計画している日本人の中にも、旅行を中止・延期するという声が多く聞かれるようになりました。悲しいことですが、やはりいま海外旅行に行くのは危険なのでしょうか?
外務省は相次ぐテロ事件をうけ、次のように警告をしています。

ISIL以外にも,イスラム過激派組織又はこれらの主張に影響を受けているとみられる者による一匹狼(ローンウルフ)型のテロや誘拐等が世界各地で発生しています。今後,同様の事件が発生する可能性は否定できず,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれがあります。

出典:www2.anzen.mofa.go.jp

今年に入ってからだけでも,インドネシア,トルコ,ベルギー,米国等,世界の様々な地域において,テロ事件が発生しています。日本人・日本権益が標的となる可能性もあります。

出典:www2.anzen.mofa.go.jp
このように、今やテロはどこにいても(そう、日本にいても)起こりうる身近な危険となっています。また、日本人など外国人をあえて標的に選ぶ事件も多発しているため、事態はかなり深刻なようです。特に都市部での事件が多発しているので、大都市への旅行は控えるのは賢明といえるでしょう。

海外に渡航・滞在される方は,旅行計画の段階から渡航・滞在国に発出されている海外安全情報をよく確認し,自らの安全確保に努めてください。特に,テロの標的となりやすい場所(デパートや市場等不特定多数が集まる場所,公共交通機関,ホテルなどの宿泊施設,ビーチ等のリゾート施設,観光施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

出典:www2.anzen.mofa.go.jp
つまり、今海外旅行に行くことはこれまで以上の大きな危険があることは間違いありませんが、意識的に注意を払うことでトラブルに巻き込まれる可能性を最小限にできるのもまた事実です。では、どうしても海外旅行に行く場合、どのような注意ができるのでしょうか。

各地域の危険度は外務省HPにて確認可能

外務省の海外安全ホームページでは、リアルタイムに世界各地の事件や危険度についての情報を提供しています。旅行先の危険度をチェックするのは今や必須の準備です。

万が一に備えてできることとは

さらに、万が一トラブルに巻き込まれたときのためにしておける対策も確認しておきましょう。

たびレジへの登録お忘れなく

外務省は、海外に渡航する日本人を対象に緊急時用情報発信サービス「たびレジ」への登録を呼びかけています。「たびレジ」に渡航先や期間を登録しておけば、緊急時の連絡先などの情報や何かあった時の緊急情報の配信を受け取ることができます。また事件発生時の安否確認をスムーズに行うためにも便利です。

旅行保険への加入も必須です

短期間の旅行だからといって旅行保険に加入しないのは大変危険です。突然の病気はもちろん、犯罪被害にも補償がされる海外旅行保険には必ず入っておきましょう。インターネットで簡単に加入できるものが多くあります。

安全に海外旅行を楽しめますように!

いかがでしたか。衝撃的な事件が相次ぐ今日この頃、いつ自分が巻き込まれないとも限りません。海外旅行を計画している人は旅行先の危険度をよく確認し、最大限の対策をする必要があります。みなさんもぜひ事件などに巻き込まれることのないよう、万全の対策をして安全な旅行を楽しんでくださいね!

さらに詳しいテロ対策はこちらの記事をチェック!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

run_forrest_runアートとねことYouTubeが大好きな道産子ライター。

このまとめ記事に関して報告する