• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
仙人も酔ってしまうほど美しい島、西日本一のパワースポット仙酔島の楽しみ方5選

仙酔島とは、広島県福山市の鞆の浦に浮かぶ自然豊かな美しい島です。仙酔島の楽しみ方は挙げればきりがないほどで、何度訪れても新しい楽しみ方を発見することでしょう。仙人達もその魅力に酔いしれ、度々訪れたことでしょう。

このまとめ記事の目次

仙酔島とは

1925年大正14年に名勝鞆公園になり、1934年昭和9年に日本で最初の国立公園に指定されました。記念切手のモデルにも成っている島です。古来から日本人の心の故郷として親しまれてきたこの仙酔島には、一億数千年前の太古の自然がまるで自然解凍したようにそのままの姿で鮮明に残っています。美しい海と島。その名の通り仙人が酔うほどに美しい島です。

1.自然美

島全体からエネルギーがあふれてる。静かでドシンと構えている島。そしてどこからともなく龍のエネルギー・・・。

出典:ameblo.jp

小さな入り江になっていて浦島太郎の話に出てきそうな景色がここだけ時が止まっているような感じがする

出典:felicablog.exblog.jp
仙酔島の楽しみ方は様々ですが、その自然の美しさと数々の伝説、とにかく不思議な力に満ちているということです。島に降り立ったその瞬間、一体何を感じるでしょうか。

2.龍神様

『龍の背中に乗れる場所』世界中のどこを探しても、これはないだろうな~

出典:ameblo.jp

エネルギー・パワーが私に向かって一気に流れ込んできました。すっ・すごい! 凄すぎるぞ・・!!私の心身が一気に浄化され、パワーがみなぎってくるぞ。

出典:plaza.rakuten.co.jp
仙酔島の楽しみ方の1つに龍神様の伝説があります。竜宮城の起源とも言われている仙酔島、願い事でも夢でも叶ってしまうのではないかという気が沸き起こってきます。

仙酔島の龍神様

仙酔島は太古より、七福神や龍神さまなどの神々が鎮座されていると云われています。七福神は宝船に乗って人生を航海し、生涯を全うした後、この世から、あの世に向かう時、宝船は龍となり、天に昇ります。昔より、龍の背中に乗ることが出来れば幸せの方向へ導いてくれると伝えられており、人生の全てを全うした者だけが龍の背中に乗ることが出来るのです。
岩のトンネルをくぐってしばらく進むと、渡ると願いを叶えるといわれている竜神橋があります。

3.五色岩

神は世界の55ヶ所に五色に彩る地を与えた。この地を訪れる者は迷い、苦しみから解かれ幸せへと導かれるだろう。こんな説明を目にしたら行きたくなるよね~。

出典:sea-of-flower.jugem.jp

赤・青・黄色・黒・白・・・その五色がすべて見れるスポットがここなのです。もちろん、島全体が 色とりどりの岩で出来ていて明らかな色の違いが見てとれます。

出典:takao15.blog.fc2.com
仙酔島の楽しみ方で忘れてはいけないのが五色岩の存在です。まるで奇跡に奇跡が重なったかのようなパワースポットは体験せずに帰ることは出来ないでしょう。

五色岩とは

青・赤・黄・白・黒の5色の岩が海岸に延々と1キロに渡って続いています。

「宇宙の神秘を秘めた、五色の岩に巡り会う人は、 そこで、永遠なる幸福の扉を開くであろう・・・」とインドの聖典にはあり、また、黒色、赤色、黄色、白色、青色の5色は、目黒、目赤、目白、眼黄、目青の五不動ともあるように、特にパワーのある色とされていて、5色1度に揃うとそのパワーは絶大になるとも言われてる通り、不思議なパワーを持つ五色の岩で日本でここにしかない貴重な岩です。

4.江戸風呂

とにかく、楽しかった大江戸風呂。真冬の瀬戸内海にドボンしたという偉業を成し遂げ、確かに人生観が変わりました。

出典:civicep3.at.webry.info

不思議と感覚は優れるものです。浄化レベルでいったら間違いなしでしょ~~っ。これはお風呂でも人生感かわっちゃうかも?!(笑)

出典:ameblo.jp
仙酔島で是非とも訪れたいのがデトックススパハウス江戸風呂です。数種類の変わり風呂を巡るコースになっており、きっと驚きと癒しの楽しみ方が出来るでしょう。

基本情報

【入浴所要時間】 約90分
【営業時間】 10時~18時閉湯(※16時30分最終受付)
【入浴料】 1,700円(税別)

 〒720-0202 広島県福山市鞆町後地3373-2
【TEL】 084-982-2111 (人生感が変わる宿ここから)

5.海ほたる

自分は宇宙の中に住んでいるんだ!という意識を持ち合わせる出来事に遭遇できるとラッキー!そんな2011年6月のある夜の出来事。仙酔島の海辺で幻想的に光っていた“海ホタル”

出典:imawosetuniikiru.at.webry.info

素敵な幻想的な光景に感動して、最近人に逢うたびに「行ってみて、行ってみて!!!!」と言いまくっている場所(笑)

出典:d.hatena.ne.jp
仙酔島の楽しみ方でその時期に訪れるのであれば絶対に体験したいのが海ほたるです。その夜の感動は見る者を惹きつけ、きっとまた訪れたいと思わせることでしょう。

ウミホタルとは

体長数ミリの節足動物で、波の静かな砂地の内湾の岸に近い比較的浅いところに生息しています。日中は海底の砂の中に潜って隠れていますが、夜になると砂中からはい出してきて活発に泳ぎ、刺激を受けた時などは、発光液を海水に放出し、青い光の煙幕を張ります。海面から発光の様子を見ているとあちこちで、巨大なクラゲが海中を光りながら浮遊しているように見えます。

海ほたる鑑賞ツアー

【開催日】
平成28年6月〜9月毎日実施

【受付場所】
国民宿舎フロント
夢か現か幻か、それは仙人をも酔わせてしまうという美しい仙酔島という島。幻想的な自然の美しさに酔いしれる、そんな楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する