• はてぶ
  • あとで
建物自体がアート!その“建築美に感動する”日本全国の美術館9選

美術館といえば、中の展示物だけでなく外観も美しいですよね。まさに、建物自体がアートです。そこで今回は、展示物だけでなく建物自体も美しい日本の美術館をご紹介します。ぜひその建築美にうっとりしてみてはいかがですか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 国立新美術館 / 東京都

1つ目にご紹介するのは、東京都の「国立新美術館」です。「森の中の美術館」というテーマの美術館で、ガラスのカーテンウォールがカーブを描いている様子は特に印象的ですね。おしゃれな外観は思わず写真に収めたくなってしまいそうですね。
この美術館では広大な展示スペースを生かして、様々な展覧会を開催しています。また、アートセンターとしての役割も果たしており、少し新しいタイプの美術館です。館内には自然光が差し込み、開放感あふれる空間が広がっていますよ。

詳細情報

東京都港区六本木7-22-2

4.38 75959

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② 十和田市現代美術館 / 青森県

2つ目にご紹介するのは「十和田市現代美術館」です。この美術館は2008年4月に開館した美術館で、個々の展示室を独立させて、建物を敷地内に分散している点が特徴的です。それぞれの建物はガラスの廊下でつながっており、他ではなかなか見ることができない造りの建物となっています。
アート作品に合わせ、建築空間が作られており、空間ごとに個性豊かなアーティストの作品が現れます。また作品が展示されている空間は、あちこちに大きなガラスの開口があり、通りから作品を見ることができるようになっているのも特徴的です。

詳細情報

③ 豊田市美術館 / 愛知県

3つ目にご紹介するのは、愛知県の「豊田市美術館」です。この美術館は、様々な美術館の建築を手がけたことで名高い建築家が設計したもので、国内外の近現代美術を中心に様々な展覧会を行なっています。
1995年に開館したこの美術館、建物内に入ると光が差し込む開放的な空間が広がっています。また、建物だけでなく敷地内にある茶室なども見所です。美術館の敷地の西側にある茶室「童子苑」では、自然を楽しみながらお茶をいただくこともできますよ。アート作品に浸った後に立ち寄ってみてくださいね。

詳細情報

愛知県豊田市小坂本町8-5-1

3.45 559

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ 国立国際美術館 / 大阪府

4つ目にご紹介するのは、大阪府にある「国立国際美術館」です。国内外の現代美術を中心に展示を行なっているこの美術館、世界的にも珍しいという完全地下型の美術館で、金属で作られたフォルムがとても印象的です。
とてもアートな見た目をしているこの美術館。企画展などでは、誰もが知っているアーティストのものから、普段なかなかお目にかかることのできないアーティストのものまで様々な作品と出会うことができます。ぜひお気に入りの作品と出会ってみてくださいね。

詳細情報

⑤豊島美術館 / 香川県

5つ目にご紹介するのは、香川県にある「豊島美術館(てしまびじゅつかん)」です。香川県の豊島にあるこちらの美術館は、小高い丘に建設された美術館で、その水滴のような建物の形が特徴的です。
「豊島美術館」のある小高い丘からは瀬戸内海を臨むことができます。建物内はコンクリート・シェル構造となっており、最高高さが4.5mで柱が使用されていないのも特徴的。2箇所の開口部から吹き抜ける自然な風や光、音を感じながら、 移り変わる時間と季節感を楽しめます。

詳細情報

⑥金沢21世紀美術館 / 石川県

6つ目にご紹介する美術館は、石川県・金沢にある「金沢21世紀美術館」です。この美術館は、フォトジェニックな展示を数多く楽しむことができることから、女子旅やカメラ旅でも大人気の美術館なんです。
SNSなどで見かけた方も多いであろう「スイミング・プール」」や「カラー・アクティヴィティ・ハウス」は、思わずカメラに収めたくなること間違いなし。ぜひ「金沢21世紀美術館」で素敵なアート体験を楽しんでみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • あなたは秋をどうやって楽しみますか?今回はゆったり秋を満喫できる「芸術の秋」を…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

osushidaisukiおすしだいすき

このまとめ記事に関して報告する