• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
都心のオアシスここにあり!「ウェスティンホテル大阪」の魅力を徹底解説

JR大阪駅から徒歩約7分。緑豊かな森が広がり、水のせせらぎ、小鳥のさえずりが響き渡る。その森の隣、まさに「都心のオアシス」のようにそびえたつホテルが『ウェスティンホテル大阪』です。ホテルでの快適な滞在によって活力を充実してもらうという“Rechargeable Stay”を掲げるこのホテルの魅力を徹底解説します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

大阪で極上ホテルに泊まりたい

日本を代表する観光地であり、西のビジネスの中心でもある「大阪」。特別な記念日や誕生日、旅でゆったりとリラックスしたいときには少し高級なホテルで極上の空間を味わうのはいかがでしょうか。そんなときにぴったりのホテル、「ウェスティンホテル大阪」をご紹介します。

「ウェスティンホテル大阪」とは

ウェスティンホテル大阪は、大阪市北区大淀中一丁目にあるホテルです。JR大阪駅中央北口出口より徒歩約7分、大阪国際空港からも車で約25分とアクセスも良好なホテルです。
アメリカで最も伝統あるホテルチェーン「ウェスティンホテル&リゾート」の日本第1号として、1993年6月3日にオープンしました。客室数はスイートルームを含め304室でヨーロピアンクラシック調で統一されています。

ウェスティンホテル大阪には極上空間が待っている

そんな『ウェスティンホテル大阪』。ここにはたくさんの魅力が詰まっています。その中から7つの魅力を紹介していきます。『ウェスティンホテル大阪』の極上空間を徹底解説していきます。

【魅力①】温かくより上質なおもてなし

アマデウス/ウェスティンホテル大阪

ウェスティンホテル大阪は、ホテルでの快適な滞在によって活力を充実してもらうという“Rechargeable Stay”を掲げ、宿泊者は最高級のおもてなしを受けることができます。ホテルスタッフやレストランでのサービスは言うまでもなく、部屋の中のアメニティも女性にうれしい上品なものが揃えられています。

アメニティは大好きなジョンマスターズオーガニック。パジャマもワッフル素材で着心地がすごく良かったです。

出典:www.tripadvisor.jp

【魅力②】大阪最高峰の夜景

地上173mの高さを誇るツインタワー式のスカイビルをつないでいるのが「空中庭園」です。360度の夜景を楽しめるスポットで、大阪一の繁華街、梅田の高層ビル群を見渡せるのはここだけです。ぜひともカップルで行きたい場所です。
もちろん、部屋からも大阪の夜景を望むことができます。大切な人と二人きりでゆったりと夜景を眺めるのことができるのも魅力的ですよね。

カクテルタイムの時間に着いたので夜景を見ながらお酒を飲めたし、部屋からの夜景も素敵。

出典:www.tripadvisor.jp

【魅力③】「雲の上の寝心地」ヘブンリーベッド

北米のウェスティンホテル&リゾートで開発された“ヘブンリーベッド”。特製のマットレスにふわふわの枕、デュベ(羽毛布団)、肌ざわりのよいシーツとその寝心地は、まるで雲の上に浮かんでいるかのようなくつろぎです。真っ白なリネンに包まれ、最高の眠りを体験できます。

お部屋は清潔で美しいのはもちろん、ホワイト・ベージュ・淡いグレーなど優しく落ち着いたカラーで統一されていてとても寛げました。
ベッドも最高に気持ち良くて、ぐっすり眠ることができました。

出典:review.travel.rakuten.co.jp

【魅力④】静寂と自然を抱くロケーション

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する