• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】死を覚悟!恐怖の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」が名古屋で開催

毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)という名前からして興味が湧き上がってきてしまいますが、毒を持った生物を様々な視点から紹介する展示会が名古屋で開催されます。どんな生物をみることができるのかご紹介します。

このまとめ記事の目次

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」が名古屋のパルコにて2015年6月27日(土)から8月10日(月)まで開催されます。

毒を9回も連呼する、名前からして興味惹かれてしまいますが一体どんな展示会なんでしょう。ご紹介します!
「もうどく展」は、サンシャイン水族館が夏休みスペシャルイベントとして企画したもの。
会場には、様々な毒を持つ生き物が大集合します!
毒々しくも美しい生物や、人間を殺すほどの猛毒を持つ生物に姿を似せて身を守る生物など、様々な観点から毒を持った生物について知る事ができます。
毒のレベル…なんだかゾワッっとしますね…
では、具体的にどんな生物が見る事ができるのか少しだけご紹介します。

“刺す”生き物

“刺す”生き物として良く知られているのが「オオムカデ」
矢型の歯で魚を殺して丸のみにしてしまう「イモガイ」の仲間も見る事ができます。

“噛む”生き物

興奮すると青い模様を発色し、小さい体ながら1咬みで7人を麻痺・死亡させると言われています

“食べると中毒になる”生き物

可愛らしい見た目と裏腹に非常に強い毒性を持っているそうです
その他にも、世界最大級の毒蜘蛛「ゴライアスバードイーター(タランチュラ)」や日本三大有毒食物のひとつ「トリカブト」、可愛らしい大きな目に似合わないような毒を持つ「スローロリス」など魚類以外にも陸に住む生物たちも多数展示される予定です!

関連グッズやメニューに期待!

名古屋に先駆けて行われた、みなとみらいでの展示では展示に合わせて作られた飲食店とのコラボメニューがグロすぎる話題になりました!
名古屋では違うものが提供されると思われますが、グッズやコラボメニューにも期待です!
フロッグバーガーと名付けられたバーガー
足がビヨーンと飛び出てます…
カエルの卵をイメージしてつくられたスイーツ。
全く食べる気のしなくなる気持ち悪さです…
そんな注目の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」ぜひ訪れてみてください!

イベント概要

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」(もうどく展)
■期間 2015年6月27日(土)〜8月10日(月)
■時間 10:00〜21:00
    ※入場は閉場の30分前まで。
    ※最終日は18:00閉場。
■会場 名古屋パルコ 西館8階パルコギャラリー
■住所 愛知県名古屋市中区栄3-29-1
■入場料 当日券 800円、前売券 700円
     ※前売券は、サークルKサンクスで購入可能。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ohayou_spank自由気ままに、流れる風に身を任せて冒険をするのが好き。今まで行った国は約30か国。知らないものを知ったり、見たり、触れたりすることに日々ワクワクしています。

このまとめ記事に関して報告する