• はてぶ
  • あとで
わざわざ食べに行きたい!食べる絶景「フォトジェ肉」がある関西のお店5選

SNSの普及により、今や美味しいだけではなかなかお客さんを呼べない時代になってきました。必要なのは、美味しさプラス見た目の美しさ。今回は、そんな食べて美味しい見て楽しい「フォトジェ肉」のある関西のお店を5つ、ご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

フォトジェ肉って…?

最近、”フォトジェニック”という言葉が流行っていることをご存知ですか?○○向きの、という語源を持つ”ジェニック”に、写真のという意味を持つ”フォト”を加えて作られた言葉がフォトジェニックです。今回はフォトジェニックな料理の中でも、思わずシャッターを切ってしまいたくなるような肉料理、その名も「フォトジェ肉」グルメをご紹介します。

【1】又三郎(大阪・長居)

1つ目に紹介する関西のフォトジェ肉グルメは、大阪府内での人気が高い焼肉店「又三郎」です。雰囲気もいいため、デートや記念日にもおすすめです。

熟成肉リブロース(6300円)

なんといっても熟成肉がたまりません。ゆっくりと寝かされたお肉は、本来の美味しさをじっくりじんわり凝縮してます。お酒とも良く合いますよ。噛めば噛むほど美味しさが溢れ出します。

詳細情報

【2】Teppan 我流(大阪・福島)

2つ目に紹介する関西のフォトジェ肉グルメは、個性豊かな名店が揃う福島駅付近で人気を得続けている「Teppan 我流(がりゅう)」です。美味しい肉をリーズナブルに、仲間や恋人とワイワイ楽しめるお店です。

黒毛和牛Aランク塊肉(10g 100円〜)

星つきAランクの塊肉を好きな量だけ楽しむことができます。いくつか食べ方がありますが、中でも絶対にオススメしたいのが「ガリ+きざみワサビ+生醤油」と一緒に食べること。霜降りのやわらかいお肉と和風な味が良く合い、絶品です。

詳細情報

大阪府大阪市福島区福島7-2-8 2階

写真を投稿する
3.04 00

【3】鉄板ダイニング 法貴(兵庫・神戸)

3つ目に紹介する関西のフォトジェ肉グルメは、兵庫・神戸にある「鉄板ダイニング 法貴(ほうき)」です。目の前に鉄板があり、そこでシェフが料理を作ってくれます。

神戸牛鉄板焼きランチ(3600円)

やはり神戸といえば、神戸牛。ランチの時間は、お得に神戸牛を楽しむことができます。このレア感がたまりません。上に乗っている生こしょうの塩漬けとも良く合い、神戸牛は一瞬でとろけます。

詳細情報

【閉店】【4】ボルケーノキッチン(大阪・心斎橋など)

4つ目に紹介する関西のフォトジェ肉グルメは、”肉の火山”を楽しむことができる「ボルケーノキッチン」です。心斎橋や新福島にあります。名古屋にもあります。

ボルケーノプレート(850円)

火山のローストビーフ丼は、フォトジェ肉としか言いようがありません。山を崩して、下にあるバターとにんにく風味の特製ソースと絡めてみてください。美味しさが噴火すること間違いなしです!

詳細情報

大阪府大阪市福島区福島4-5-56

3.10 03

【5】和田金(三重・松阪)

5つ目に紹介する関西のフォトジェ肉グルメは、三重・松阪にある「和田金(わだきん)」です。誰もが認める松阪牛。松阪牛のすき焼きはとにかく絶品ですが、中でもこの和田金は松阪のすき焼きといえばここ!と言われることも多いほど、名店です。

寿き焼(12,200円〜)

仲居さんが全てやってくれます。砂糖、たまり醤油、ダシで作ってくれるすき焼きは極上の味。卵やごはんとよく合います。”和田金ついでに三重旅行”という方もいるほど、目にも舌にも最高のすき焼き屋さんです。

詳細情報

三重県松阪市中町1878

3.68 10110

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関西でフォトジェ肉を楽しもう!

いかがでしたか?関西には、絶品のフォトジェ肉グルメがたくさんあります。ぜひ食べる絶景を楽しみに訪れてみては?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 何だかお肉が食べたい気分♪最近では「#フォトジェ肉」と呼ばれるフォトジェニック…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

helpobiwan助けてオビワン

このまとめ記事に関して報告する