• はてぶ
  • あとで
一度は行きたい世界自然遺産!知床のオホーツク海を一望できる「知床海岸食堂」がOPEN

北海道の世界自然遺産''知床''のオホーツク海を一望できる海鮮レストラン「知床海岸食堂」が2016年7月下旬にオープンしました。知床にいったら絶対に行きたいレストランです。流氷で有名なオホーツク海を一望できるなんてなかなかないことですよ。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

世界自然遺産「知床」

世界遺産に登録されている北海道の「知床半島」。日本人なら死ぬまでに行ってみたい大自然スポットですよね。キタキツネ・エゾジカなどに会えることもあるくらい自然にあふれています。
また、オホーツク海の流氷などが有名で、一度は観てみたい絶景です。北海道を旅行するときには、札幌に行く人が多いかと思いますが、ぜひ知床エリアにも行ってみてはいかがでしょうか。

オホーツク海を一望できる「知床海岸食堂」がオープン

オープン日:2016年7月下旬

北海道知床で「世界自然遺産の宿 しれとこ村」と「国民宿舎 桂田」の2館を展開しているしれとこ村は、2016年7月下旬に世界自然遺産 知床のオホーツク海を一望できる海鮮レストラン「知床海岸食堂」をグランドオープンしました。
ウトロ港で揚がるオホーツクの新鮮で安心安全な魚介の数々を堪能することができます。さすが、北海道!北海道「知床」ならではの味覚とボリュームを楽しむことも。
夕食では、「知床炭火焼き」をオホーツク海の目の前で楽しむことができます。道産牛・イバラガニ または タラバガニ・天然帆立 または 知床旬の貝をメインにした炉端焼きが絶品です。
知床ブランド豚丼(麦王)や海鮮丼、ウニ丼、いくら丼、ウニいくら丼、鮭いくら丼など北海道ならではのランチがたくさん!種類が豊富です。

ランチ 熊丼(1800円)

ランチでは珍しい「熊丼」もあります。クマ肉を食べたことありますか?クマ肉はにおいもなく、とっても絶品なんだとか。貴重な熊丼、おすすめです。
朝食もあり、バイキングを楽しむことができます。バイキングでは、好きなだけ北海道の絶品料理を堪能することができるため、嬉しいですよね。「いくら」も食べ放題なので、いくら好きにはたまりません。

「知床」に行ってみない?

自然にあふれた知床に行きたくなりましたか?知床に行ったらオホーツク海を一望できる「知床海岸食堂」に絶対行きましょう♪オホーツク海が一望できるなんてなかなかないことなので、おすすめです。

▼詳細情報

所在地 :斜里郡斜里町ウトロ東361(国民宿舎 桂田 目の前)
TEL   :0152-24-2752
営業日 :2016年10月17日(月)まで
     ※ 上記日程期間は無休
     ※ 流氷シーズン(例年1月下旬~2月)も営業予定
営業時間:ランチ  11:30~14:30
     ディナー 18:00~21:00
     ※ ディナー時間帯は国民宿舎 桂田の宿泊者様優先

北海道斜里郡斜里町ウトロ東361

写真を投稿する
3.07 00

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する