• はてぶ
  • あとで
日本人は意外と気づかない?日本を好いてくれている世界の「親日国」10選

日本人の自国への誇りは世界でもかなり下の方で、せっかく日本を好いてくれているのに、そのことにあまり気づいていません。そこで今回は日本のことを好いてくれている親日国10選を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①台湾

親日国である国、1か国目は「台湾」です。台湾は戦時中には日本に統治されていましたが、教育の制度改革や烏山頭ダムの開発をはじめとしたインフラ整備に対してかなり評価をし、感謝をしているそうで親日国と言われています。

九份

台湾にある「九份」です。大人気ジブリアニメ「千と千尋の神隠し」の湯屋にそっくりということで日本でも人気が急上昇した観光スポットです。夜の光景が特に美しく、赤い提灯やお店のライトなどの光が混ざり合って暖色の温かい夜景を見ることができます。
  • Jishan Street, Ruifang District, New Taipei City, 台湾 224
  • +886 3 382 5373

②ポーランド

親日国である国、2か国目は「ポーランド」です。第一次世界大戦で、ロシアと戦争していたポーランドは戦争後にロシアに残留したポーランド人の孤児たちを救うことができませんでした。しかし、その孤児たちを日本赤十字社が救済し、それが親日国になった理由です。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

ポーランドにある「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」です。第二次世界大戦中にドイツ軍が国家をあげて推し進めた人種差別的な絶滅政策および強制労働により、およそ150万人が命を落としたと言われる最大級の犠牲者を出した強制収容所です。収容者の90%はユダヤ人でした。
  • Stanisławy Leszczyńskiej 11, Oświęcim, Poland
  • +48 33 844 80 99

③トルコ

親日国である国、3か国目は「トルコ」です。1890年に演習を兼ねて日本を訪れていた旧オスマン帝国の戦艦エルトゥールル号が、和歌山県沖で遭難。日本は遭難者の救助に当たり、生き残った乗組員たちを日本海軍の戦艦で母国に送り届けました。この出来事がきっかけで、トルコと日本に友好的な関係が生まれたといわれています。

アヤソフィア

トルコにある「アヤソフィア」です。トルコ・イスタンブールにて最初はキリスト教の大聖堂として建築されましたが、オスマン帝国によってイスラム教のモスクに転用されました。「建築の歴史を変えた」とも評されるほどの建造物です。アヤソフィアは「神の聖なる叡智の神殿」を意味します。
  • AhmetMahallesi,AyasofyaMeydanı,34122Fatih/İstanbul,トルコ
  • +90 212 522 1750

④モンゴル

親日国である国、4か国目は「モンゴル」です。元横綱の朝青龍や現横綱の白鵬、日馬富士などのモンゴル出身の力士が活躍していることも影響していますが、モンゴルが共産主義からの脱却の際に日本が援助を行ったことや日本からのODAで発展を遂げたことが親日の要因となっています。

テレルジ国立公園

テレルジ国立公園がおすすめです。草原にいっせいに野花が咲く時期なので、色とりどりの花も楽しめます。また、人里離れたゲルに泊まれば、見渡す限りの大草原での乗馬トレッキングや、夜は満天の星空が楽しめます。
  • Gorkhi Terelj National Park

⑤ブラジル・アルゼンチン

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Narikintonすーいすい水星人

このまとめ記事に関して報告する