• はてぶ
  • あとで
抜群の透明度!フィリピンに存在する魔法の川「エンチャンテッドリバー」とは

日本からも直行便で5時間ほど、一人旅をはじめ週末旅の旅先としても人気な東南アジアのフィリピン。そんなフィリピンには大自然が創り上げた絶景がたくさん存在していました。今回はそんな自然の絶景の中でも、知る人ぞ知る魔法の川「エンチャンテッドリバー」をご紹介。一体、どんな場所なのでしょうか。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

大自然が生み出す絶景の宝庫フィリピン

東南アジアの人気旅行先フィリピン。ビーチリゾート地としてはもちろん、近年では語学留学先としても注目の集まっている国ですよね。
そんなフィリピンには数多くの美しい自然が存在しています。ビーチはもちろん、まだまだ手付かずの自然が多く残されているのが特徴的。今回はそんな大自然の宝庫フィリピンの中でも知る人ぞ知る魔法の川「エンチャンテッドリバー」をご紹介。一体、どんな場所なのでしょうか。

知る人ぞ知る!魔法の川「エンチャンテッドリバー」って?

今回紹介するのは、フィリピン南部にあるミンダナオ島の北東部に位置している川「エンチャンテッドリバー(Enchanted River)」。セブ島から毎週水曜日に1便だけ出ている飛行機でタンタグへ向かいそこから車で2〜3時間、またはフィリピンの第2都市ダバオから車で6〜7時間と、少々アクセスの悪い場所にある秘境の川なんです。
この「エンチャンテッドリバー」は驚くほどの透明度を誇る美しき川。その美しさから、“魔法の川(Enchanted River)”という呼び名がついたようです。ちなみに本当の名前は「ヒナトゥアンリバー」なんだとか。ちなみに入場料は一人30ペソ(約80円程度)ほど。

実は現地人の間では有名な絶景スポット!

この「エンチャンテッドリバー」ですが、フィリピン最後の秘境と呼ばれるエルニドと並び、“フィリピン人が一生に一度は訪れたい場所”として挙げられている場所なのだそう。それもそのはず、真っ青やエメラルドブルーに輝く森の中のオアシスは、訪れるもの全てを魅了する美しさを誇っています。
「エンチャンテッドリバー」はその透明度によって、水深10mは目で見ることができるのだとか。午前中から午後にかけてだんだんと透明度を増し、1日で様々な色の変化を楽しめる魔法の川です。
ちなみに昼の12時と16時は魚にエサをあげる時間となっている模様。この時間のみ泳ぐことができないようです。また泳ぐ際は15ペソ(約40円)ほどでライフジャケットを借りることもできるようなので、泳ぎが苦手な方でも安心して入ることができますよ。
一方で現在フィリピン南部にあるミンダナオ島の東側では、ダバオとジェネラル・サントスを除くすべてのエリアが「渡航の是非を検討してください」という状態になっているため、訪れる際は十分注意してくださいね。

次の旅行の“行くべきリスト”に追加してみて。

いかがでしたか?

フィリピン人の憧れでもある魔法の川「エンチャンテッドリバー」。次のフィリピン旅行の“行くべきリスト”に是非追加してみてくださいね!

詳細情報

Cambatong, Hinatuan, Surigao del Sur, Philippines

3.01 01

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

asian_gypsy東南アジアを中心としたアジア情報ならおまかせあれ!

このまとめ記事に関して報告する