• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
日本再発見!このために早起きしたい全国の"人気朝市ランキング"TOP9

みなさん"朝市"って行ったことありますか?季節によってはまだ陽の出ていない時間から、その地の海産物や農産物、さらに郷土品までもが並び、地域交流や地域活性化の要因にもなっている朝市。今回は全国各所の朝市から、観光名所になるものなど人気のものをピックアップ。きっとまだあなたの知らない日本の姿を発見できるはずです。

このまとめ記事の目次

第9位 佐世保朝市(長崎)

人気朝市ランキング第9位は、長崎県佐世保市の「佐世保朝市」(させぼあさいち)です。早朝3時から午前9時まで毎日開催。鮮度抜群の魚や野菜が市場価格の2〜3割ほど安く購入できると人気を集めています。
毎月第2・4土曜日の6時半からは、誰もが競りに参加できる「せり市」を実施。登場した商品の希望価格を大きな声で叫び、一番高い金額を提示した人が購入できる仕組みです。狙った商品を競り落とす瞬間が楽しい!と、多くの人がせり市を目当てに訪れます。

詳細情報

  • 長崎県佐世保市万津町73
  • 0956-22-6630

第8位 七間朝市(福井)

人気朝市ランキング第8位は、福井県大野市の「七間朝市」(しちけんあさいち)です。400年以上続く七間朝市のラインナップは、地元農家が丹精込めて育てた農産物がメイン。彩り豊かな旬野菜を、路上に敷いたゴザの上に並べるのが七間朝市流です。
春分の日からスタートし大晦日を迎えるまで毎朝開かれていて、スーパー代わりに朝市を訪れる住民も少なくありません。昔ながらの朝市の雰囲気が、今も色濃く残っており、冬期を除き毎朝7時から近隣の農家が野菜などを売っています。

詳細情報

rakutenで見る
  • 福井県大野市元町10-19
  • 0779662860

第7位 三崎朝市(神奈川)

人気朝市ランキング第7位は、神奈川県三浦市の「三崎朝市」です。「三浦の野菜と三崎のまぐろのマーケット」をコンセプトに掲げる三崎朝市。会場には、マグロをはじめとする新鮮な魚介類や旬の地元野菜がひしめき合い、あちこちから売い手と買い手の会話が聞こえてきます。
マグロを使った丼やそばなどを提供する屋台も人気が高く、ご当地グルメの食べ歩きを目的に訪れる観光客も少なくありません。

詳細情報

  • 神奈川県三浦市三崎5-3806
  • 0468814488

第6位 陣屋前朝市(岐阜)

人気朝市ランキング第6位は、岐阜県高山市の「陣屋前朝市」(じんやまえあさいち)です。1820年頃から始まったと言われる桑市が発祥で、場所を変えながらも200年近くにわたり続いてきました。野菜や山菜、手作りの味噌、漬物、民芸品などさまざまなジャンルの商品が多彩にそろいます。高山駅から徒歩約10分の距離にあり、アクセスのよさも魅力です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

worldwideweb_World is Wide

このまとめ記事に関して報告する