青いだけじゃない!長野のあの池が日本一美しいと言える5つの理由

近年流行りの青い池。北海道の「神の子池」などは非常に有名ですが、それにも勝る日本一美しい池が長野県にあります。長野県の御射鹿池(みしゃかいけ)は季節や時間帯によってその美しさを変える不思議な池。御射鹿池がどう考えても日本一の池であるのは、その5つの魅力を知れば否定のしようがありません。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

日本一美しい池、御射鹿池(みしゃかいけ)

長野県の御射鹿池(みしゃかいけ)はシャープのアクオスのCMや東山魁夷の名画「緑響く」の舞台となったことで知られる日本一美しい池。近年の「青い池」ブームで注目される朝の青い御射鹿池の美しさはもちろんですが、それ以外にも四季や時間帯によって全く異なる美しさを見せてくれるんです。今回は御射鹿池の5つの魅力をご紹介します。

1.絵画のような「青い池」の美しさ

現実感がないほど青く輝く池と林が楽しめるのは早朝の時間帯。北海道などの青い池に負けないくらい綺麗です。まるで絵画の中の世界。

2.鮮やかすぎる夏の緑

目に痛いほど鮮やかな緑!みどり!
「うそだ!こんなのフォトショップに決まってる」と思ったあなた、動画で確認してみてください、本当にこんなに鮮やかなんです。

3.湖面の反射で美しさ倍増、秋の紅葉

より暖色の美しさがあじわるのは秋の紅葉の季節。森の木々が色づくのにつれて、御射鹿池全体が黄や赤の世界に様変わりします。もうどっちが映り込みかわからないくらい綺麗に写りこんだ紅葉。2倍の美しさを味わえるんです!

4.まるでヨーロッパの森の静けさ、冬の雪景色

神秘的な美しさの御射鹿池をより神秘的に見せてくれるのが冬の雪景色。一部氷が張るほど寒い御射鹿池は、長い静寂の季節に入ります。

5.もはや天然プラネタリウムの星空

美しいのは池だけではありません。ここ「御射鹿池」へ訪れるなら、夜だっておすすめ。空を見上げればほら、満天の星空が。まるで天然のプラネタリウムのようですね。

御射鹿池へ行こう!

いかがでしたか?御射鹿池の美しさのわけはこの5つの魅力があるからなんです。長野に行くなら絶対外せない絶景スポットですが、一回とはいわず、いろいろな姿を見るために何度も通ってしまいそうです!

長野県茅野市豊平奥蓼科 御射鹿池

4.32 19563
一度は行っておきたい場所

11月上旬の夕方近くに訪れました。 少し紅葉のピークを過ぎてしまっていました。 平日の16時前くらいだったからかもしれませんが、 混雑はなかったです。 御射鹿池は、八ヶ岳中信高原国定公園内にある、 農業用ため池です。 日本画家 東山魁夷の作品のモチーフになったり、 液晶テレビのCMで映像に登場したりして、 認知度が上がったようです。 美しいリフレクションを写真におさめるには、 天候と訪問時間を選ぶ必要がありそうです。 日中だと日差しが強すぎるような気がするので、 風のない晴れた午前中早いうちか、 夕方日が傾いて来た頃が良いと思います。 池のほとりから少し距離があるので、 望遠レンズがあればより良いでしょう。 訪れる人の増加に伴い、 転落防止柵の設置や駐車場やトイレの整備が 進められたようです。 駐車場やトイレはまだ整備されて間もないので、 綺麗で利用しやすかったです。 ただ、駐車場が普通車約30台、 バス5台停められるくらいあるのですが、 トイレはコンパクトだったので、 混雑時は要注意です。 この場所に到着するまでは、 しばらく細い道をくねくねと 車を走らさなければなりません。 また周辺には、売店のようなものもありません。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ziba-nyanオホーツク出身の大学生。島・海・猫・映画が大好物。

このまとめ記事に関して報告する