• はてぶ
  • あとで
【2019年最新版】京都に行ったら必ず食べるべき“最強抹茶スイーツ”のお店12選

抹茶といえば京都。京都といえば抹茶。京都に旅行に行くと必ず抹茶スイーツを食べたくなりますよね。しかし、お店がありすぎてどこのお店に行けばいいのかわからない人も多いはず。今回はそんな人のために京都で必ず食べるべき抹茶スイーツ最新版を紹介します。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① TEO KAFON(テオカフォン) / 京都市中京区

抹茶スウィーツプレート

最初にご紹介するのは、京都市中京区にある「テオカフォン」です。抹茶スイーツを、洋風の可愛らしい店内でいただけるカフェとして注目されています。そして、こちらのお店でいただきたいスイーツは、その名も「抹茶スウィーツプレート」です。
抹茶タルト、抹茶ロールケーキ、抹茶エクレアなど5種類のスイーツが一度に楽しめてしまうという、とっても豪華なプレートです。抹茶好きには堪りませんね。どれから食べようかワクワクするような一品です。

詳細情報

② 稲荷茶寮 / 京都市伏見区

稲荷パフェ

2つ目にご紹介するのは、京都市伏見区にある「稲荷茶寮」です。京都屈指の観光スポット「伏見稲荷大社」の休憩所の中にあるカフェなんですよ。そして、こちらでいただきたい抹茶スイーツが、「稲荷パフェ」です。
こちらのパフェは、抹茶アイス・あんこ・お米のパフなどの層でできています。特に濃厚な抹茶アイスは絶品。「伏見稲荷大社」の象徴とも言える赤い鳥居も添えられていて、見た目も可愛らしいパフェです。

詳細情報

京都府京都市伏見区深草藪之内町68 啼鳥菴

3.39 729

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ ぎをん小森 / 京都市東山区

わらびもちパフェ

3つ目にご紹介するのは、京都市東山区にある「ぎおん小森」です。抹茶だけでなくわらび餅も人気のこちらのお店。注目のメニューは、そんなわらび餅も抹茶も一度にいただきたい方にオススメの「わらびもちパフェ」です。
甘さ控えめの抹茶アイスとバニラアイスの相性は抜群です。プルプルのわらびもちに加え、栗や小豆、寒天や抹茶ゼリーなどの層もあるので、次は何が出てくるのかワクワクしながら食べ進める楽しさがあります。パフェは季節によって期間限定メニューも登場しますよ。

詳細情報

京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61

3.99 25229

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

これぞ祇園

わらびもちパフェ 選び抜いたわらび粉で丁寧に練り上げた ぎをん小森自慢のわらび餅を楽しめる 抹茶パフェ(*´ー`*) 本格的な抹茶アイスで祇園の甘味処の趣を感じ、バニラアイスの甘さに和んでから ぎをん小森特製の特大のわらび餅をいただきます( ´ ▽ ` ) わらび粉100%を使って毎朝丁寧に作られているわらび餅は とろけるような柔らかさとつるんとした食感が最高で、 これが本物のわらび餅なんだと感動しました(*´-`) 香ばしいきな粉とも相性抜群です😌 底の抹茶カステラや抹茶ゼリーなども絶品でした(*´◒`*) 食べ進めながら黒蜜をたっぷりかけてお召し上がりください😉 和と洋のバランスが絶妙でした☺️ ボケていて全くわからないですが 写真の右端にしれっと写っているのは黒電話。 久しぶりに見かけてなんだかほっこり懐かしい気持ちになりました🍵 ぎをん小森の思い おいでやす。 ぎをん小森のある新橋通りは、伝統的な京の町家の保存地区です。 紅柄(べんがら)格子、かわら屋根にすだれが美しい家並みはしっとりとした祗園情緒をたたえています。 大戦後すぐにお茶屋として営業を始め、甘味処として現在の姿に形を変えた後も、ぎをん小森はこの建物とそれが醸し出す独特の雰囲気、そしておもてなしの心をずっと守り続けて来ました。 お出ししているものもこだわりとよく言われますが、当たり前のことをしていると思ってます。 小豆は十勝の大納言。 一日使う量だけ毎朝炊いています。 わらびもちはわらび粉100パーセント。 これも毎朝練って練って練って、つくっています。 あんみつの葛は吉野葛で、注文をうけてからつくります。 お抹茶は柳桜園さんの「綾の森」と決めています。 お越しいただいた皆様に祗園の風情と心づくしの甘味を味わっていただき、旅のお疲れを少しでも癒していただけたら何より幸いに存じます。 おおきに。 ごゆっくり。 ぎをん小森 おかみ 敬白 甘味どころ ぎをん小森 所在地:〒605-0087 京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61 アクセス: 祇園四条駅から徒歩5分 営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー19時30分) 定休日:水曜日(祝日の場合は営業) TEL.075-561-0504

④ マッチャハウス抹茶館 / 京都市中京区

宇治抹茶のティラミス

4つ目に紹介するお店は、京都市中京区にある「マッチャハウス抹茶館」です。こちらでは、フォトジェニックなスイーツとして今話題の、升(ます)に入った「宇治抹茶のティラミス」をいただくことができます。
ティラミスは、スプーンを入れる瞬間を動画で撮影する人が続出するほどに、とろとろで濃厚です。抹茶のほろ苦さとクリームの甘さが絶妙にマッチする極上スイーツです。「抹茶ラテ」などの抹茶ドリンクも豊富なので、一緒に頼んで抹茶づくしのティータイムを満喫しましょう!

詳細情報

京都府京都市中京区 河原町通四条上ル米屋町382-2

4.24 42212

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ OKU (オク) / 京都市東山区

抹茶パフェ

5つ目に紹介するお店は、京都市東山区にある「OKU(オク)」です。日本特有の文化である”奥ゆかしさ”を感じる店内で、おいしいスイーツやおばんざい料理を頂くことができます。こちらでぜひいただきたいメニューが「抹茶パフェ」です。
宇治抹茶と小豆白玉のアイスクリームに自家製バターケーキ、抹茶ムースとパンナコッタ、ハニーラスク、わらびもちと京都の生麩が入ったとっても贅沢な和パフェです。一度食べたら必ずもう一度食べたくなりますよ。

詳細情報

京都府京都市東山区祇園町南側570-119

3.72 731

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する