• はてぶ
  • あとで
月曜の朝が楽しみになる!“日曜の夜”に絶対にやるべき7つのこと

毎日学校や仕事お疲れ様です。どうしても日曜の夜、明日からはじまるきつい一週間のことを考えてつらくなってしまった経験はありませんか?その憂鬱、ほんの一工夫で解決することができるんです!今回は、月曜の朝を楽しみにするため、日曜の夜にやるべき7つのことをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

明日会社、行きたくない…

なんとか平日を切り抜けて、待ちに待った土日!たくさん寝て、食べて、遊んで、やっぱりお休みって最高!ですが、そんな気分もつかの間、気づけば日曜日の夜…なんて経験はありませんか?
日曜の夜の代名詞ともなっているサザエさんを見て、明日からまた仕事・学校か…という現実に引き戻されるサザエさん症候群という言葉も普及しているほど、月曜の朝以上に日曜の夜はつらいものです。
ですがそんな憂鬱は解消することができます!月曜の朝を楽しみに感じるために、日曜の夜に絶対やるべき7つのことをご紹介していきます。

【1】自分にご褒美をあげてみる

1つ目に紹介する方法は、「自分にご褒美をあげてみる」です。1週間頑張った自分、日曜の夜くらい甘やかしましょう!メンタルのバランスを整えることが何より重要です。
ポイントは、自分が本当にときめくご褒美を用意すること。ずっと食べたいと思っていたケーキを食べる、好きなお酒を飲みながら好きな本や漫画を読むなど、自分の心が喜ぶことをするのが大切です。また明日から頑張るぞ!という気持ちにスイッチすることができます。

【2】前もって明日の準備をする

2つ目に紹介する方法は、「前もって明日の準備をする」です。月曜の朝、飛び起きて急いで準備…そんな週のスタートはつらいもの。それを防ぐためにも、あらかじめ明日の準備をしておくことはオススメです。
前日の夜に準備をしておくことで、翌朝に余裕が生まれます。朝にいつもより一工夫した朝食を作ってみたり、コーヒーを淹れてホッと一息ついてみたり。また、自分の好きなお菓子やお気に入りのコーディネートを準備するのもオススメ。月曜が楽しみになりますよ。

【3】スマホを置いて散歩に行く

3つ目に紹介する方法は、「スマホを置いて散歩に行く」です。スマホやパソコンは便利だから不便です。また、画面をにらんでいるとどうしても疲れがたまってしまうもの。そこで、スマホを家に置いて散歩に出てみましょう。
オススメは、緑や水のある公園。自然に触れると力が湧いてきます。また、散歩をすることによって運動不足を解消することができます。程よい疲労感は質のいい睡眠に繋がり、スッキリとした朝を迎えることができますよ。

【4】1週間分のやることリストを作る

4つ目に紹介する方法は、「1週間分のやることリストを作る」です。翌週一週間の予定や流れを確認し、自分がやらなければいけないことを紙に書いてリストを作ってみましょう。
やることリストを作ることで、自分が何をすべきかが明白になり、スムーズに一週間を過ごすことができます。また、やること多くて嫌だなあと漠然と考え、憂鬱になりがちな日曜の夜でも、やるべきことをきちんとリスト化し、可視化することで”ぼんやり憂鬱”を追い払い、スッキリとした月曜日を迎えることができます。

【5】仲のいい友人と会う

5つ目に紹介する方法は、「仲のいい友人と会う」です。気のおけない友人は何にも代えがたいもの。自分が格好つけることのない、リラックスできる友人と遊ぶことが大切です。
土日休みで月曜から仕事や学校がはじまる同じような境遇の友人をオススメします。そうすることで、ダラダラと夜遅くまで遊んでしまう可能性はぐっと減ります。また、そこで来週の日曜の約束をすれば、一週間の楽しみが増え、憂鬱な気持ちに打ち勝つことができますよ。

【6】将来の夢を再確認する

6つ目に紹介する方法は、「将来の夢を再確認する」です。夢には、大きな夢も小さな夢も含まれます。自分が本来叶えたい夢とは何か?と確認してみましょう。
自分の夢を確認すると同時に、自分の現在の位置を把握することも大切です。自分が幸せに生きるために何が必要か、そしてその幸せの地点と自分が今いる地点との距離はどのくらいなのかを確認することによって、自分が明日から何をすればよいかが明らかになってきます。そうすれば自然とやる気がみなぎり、月曜から頑張ることができますよ。

【7】いつもより早く寝てみる

7つ目に紹介する方法は、「いつもより早く寝てみる」です。明日、憂鬱…と日曜の夜にダラダラと起きていませんか?意味もなく夜更かしすることは、月曜をより憂鬱にするだけです。日曜の夜こそ、早く寝てみましょう。
眠い月曜の朝ほどつらいものはありません。寝不足は憂鬱と結びついています。日曜の夜、いつもより30分から1時間ほど早めに寝れば、翌朝スッキリ起きられますよ。寝室にスマホやパソコンは持ち込まないことがオススメです。

気持ちよく一週間をはじめよう!

いかがでしたか?日曜の夜の過ごし方にほんの一工夫加えるだけで、ぐっと気持ちが変わってきます。ぜひ次の日曜の夜から早速実践してみませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

helpobiwan助けてオビワン

このまとめ記事に関して報告する