• はてぶ
  • あとで
さあ、癒しの旅へ。一人旅で行きたい世界の「絶景リゾートアイランド」11選

今話題の一人旅。男女関係なしに、一人旅をする人が増えています。でも、どうせ一人旅をするなら海外のリゾートアイランドでゆっくり癒しの時間を過ごしてみませんか?そこで今回は一人旅で行きたい世界の絶景リゾートアイランドを厳選してご紹介。癒しの旅へ、出かけよう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】セブ島(フィリピン)

一人旅で行きたい世界の絶景リゾートアイランド、まずはじめにご紹介するのはフィリピンの「セブ島」です。日本からの近さや、物価の安さが特徴で、リーズナブルに旅行したい方にピッタリな旅行先となっています。マクタン島のビーチはもちろんのこと、離島へのアイランドホッピングではきれいな海と魚たちを見ることができますよ。
また絶景リゾートだけでなく、東南アジアの活気を感じられるのもおすすめなポイント。日本ではなかなかできない体験なので、この機会に感じてみるのも良いですね。一人旅でも十分に楽しめるスポットではないでしょうか。

詳細情報

【2】オアフ島(ハワイ)

一人旅で行きたい世界の絶景リゾートアイランドその2は、ハワイの「オアフ島」。ハワイの中でもワイキキビーチなどで有名な「オアフ島」は、日本人から愛され続けている絶景アイランドです。
家族旅行やカップル旅行先で人気の「オアフ島」ですが、ショッピングスポットだけでなく大自然も多く存在していますよ。実は穴場な一人旅先の「オアフ島」、ハワイの雄大な自然を独り占めしてみて。

詳細情報

oahu island United States, Oahu

3.32 3586

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【3】プーケット島(タイ)

一人旅で行きたい世界の絶景リゾートアイランドその3は、タイの「プーケット島」です。パトンビーチを始めとしたビーチが有名ですが、その他にも魅力はたくさん。カラフルな建物が並ぶプーケットオールドタウンは、思わず写真を撮りたくなりそうです。
そのほかにもタイ料理を始めとしたグルメや、おしゃれなカフェ、ショッピングなど女性の一人旅にももってこいなスポットです。少し長めのお休みを取って、南の島でゆったりとした休暇を過ごしてみては?

詳細情報

【4】パラワン島(フィリピン)

一人旅で行きたい世界の絶景リゾートアイランドその4は、フィリピンの「パラワン島」。ここ「パラワン島」はフィリピンの中で5番目の大きさを誇っている島で、フィリピン最後の秘島とも言われている、美しき絶景アイランドなのです。
「パラワン島」には、フィリピン人誰もが憧れる絶景スポット「エルニド」など、透明度の高い美しい海がたくさん広がっています。日本人にとってはまだまだ穴場なリゾートアイランド、一人旅でひと足お先にこの絶景を体感してみては?

詳細情報

Philippines Palawan Island

3.01 092

【5】ミコノス島(ギリシャ)

一人旅で行きたい世界の絶景リゾートアイランドその5は、ギリシャの「ミコノス島」。「ミコノス島」はギリシャの首都アテネの南東にある島で、青い空とエーゲ海、そしてそれらに包みこまれているような白壁の家々の美しさから“エーゲ海に浮かぶ白い宝石”と言われています。
ここ「ミコノス島」は大小300以上もあるギリシャ正教の教会や風車がとっても可愛く絵になる風景となっています。高速フェリーに乗れば最短2時間ほどで夕日の美しいサントリーニ島へ行くこともできますよ!

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 仕事や恋愛、日常な些細なことについても人は悩んでしまう生き物です。毎日同じよう…

  • あぁ寒い寒い…そうだ、そんな時はあったかい所へ行こう!今回は、寒い今だからこそ…

  • 友達や恋人、家族と行く旅行はもちろん楽しいですが、ふと1人で旅行したくなること…

  • 暑さが増してきた今日この頃。仕事疲れに加えて、暑さ疲れでバテてしまっていません…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

arianaventiヴェンティー

このまとめ記事に関して報告する