• はてぶ
  • あとで
人生で一度は行きたい!異国情緒あふれる美しいヨーロッパの温泉5選

温泉と言えば日本と思う方も多いと思いますが、世界にもたくさんの温泉があります。日本では決して味わえない、壮大で古風で異国情緒あふれる温泉に一度は行ってみたいですよね。今回はそんな人生で一度は行っておきたいヨーロッパの温泉を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ブルーラグーン / アイスランド

初めに紹介するのはアイスランドにある温泉施設「ブルーラグーン」です。ブルーラグーンは世界最大の露天風呂です。実はこちら天然温泉ではなく、地熱エネルギーを利用した人工的な温泉です。
とにかく広大できれいな風景が売り。運が良ければオーロラも見れるそうです!オーロラを見ながら温泉に入れるなんて贅沢すぎますよね。また白い泥でパックをする人も大勢。この白い泥「シリカ」には美容効果があるそうです。

詳細情報

Nordurljosavegur 9, 240 Grindavík, アイスランド

3.64 6118

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②ゲッレールト温泉 / ハンガリー

続いて紹介する「ゲッレールト温泉」は豪華で美しいハンガリーのプダペストにある温泉施設です。1917年に建てられた細部までアートを感じる美しい建物は、現在も当時のままの姿で観光客を魅了しています。
浴場にはハンガリーが誇る窯元ジョルナイの美しい陶器タイルが豪華にあしらわれています。2階建ての吹き抜けになっている屋内プールは、天井から柔らかい光が差し込む優雅な雰囲気です。

詳細情報

Budapest, Kelenhegyi út 4, Hungary

3.36 11

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③キラーイ温泉 / ハンガリー

続いて紹介するのはハンガリーにある伝統のある温泉、「キラーイ温泉」です。キラーイ温泉はオスマントルコ統治時代に建てられ、現在も当時の姿のままです。天井がドーム状になっていて、そこには小さく沢山穴が開いていて、星空のように見えてとても綺麗です。
浴槽だけでなく、ジャグジー、サウナもあります。プダペストにあるほかの温泉施設に比べると、あまり混雑していないので、自分のペースでゆったりのんびり温泉を楽しめます。また、湯船の温度も40度程度と、日本人の感覚にあった温泉ですね。

詳細情報

Budapest, Fő u. 82-86, Hungary

写真を投稿する
- 00

④セーチェニ温泉 / ハンガリー

続いて紹介するのはハンガリー・プダペストの市民公園内にある大規模温泉浴場「セーチェニ温泉」です。屋外に3つ、屋内には12の浴場があり、とにかく広さが魅力。また、地下鉄の駅からすぐ近くでアクセスがいいのも魅力の一つのようです。
またセーチェニ温泉では、ここでしか見られない光景があります。それが、チェスです。温泉に入りながらチェスをする姿、またそれを見守るギャラリーと、なんとも不思議な光景ですが、それもセーチェニ温泉の見どころの一つです。

詳細情報

⑤テルマエ・バス・スパ / イギリス

最後に紹介するのはイギリスにある「テルマエ・バス・スパ」です。1878年に開業されたとても歴史のある温泉です。一度閉鎖され、2006年に復活しました。モダンなデザインの屋上プールからは世界遺産の街バースが一望できます。
このテルマエ・バス・スパのある世界遺産でもある街バースは、紀元前から温泉場があったと言われています。伝統的な建築様式や美しい装飾が見どころの一つ。また、お風呂という意味の「bath」の語源は、この町にあった温泉だと言われています。

詳細情報

Hot Bath St, United Kingdom

写真を投稿する
- 00

いかがでしたか

ヨーロッパにはスケールが大きくて、歴史があって、魅力満点の温泉施設がたくさんあります。ヨーロッパに行った際に、温泉に行ってみるのはいかがですか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する