• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
行って良かった!心に残る長野県の人気日帰り温泉とっておき15選

長野県といえばスキーなどのレジャーで行くことが多く温泉のイメージが薄い方もいるかと思いますが、長野県には素晴らしい景観の露天風呂など心に染みるような温泉が豊富に存在します!そんなとっておきの行って良かったと思うような日帰り温泉を紹介していきます。

このまとめ記事の目次

1、温泉宿山栄荘(おんせんやどさんえいそう)/松本市安曇

※イメージ画像

源泉かけ流しが檜の浴槽にあふれていて嬉しい限りですよね。内湯の他に自然を楽しめる露天風呂もあるので人気でおすすめの日帰り温泉です。
【所在地】 長野県松本市安曇4085-68
【問合先】 0263-93-2715
【交通(電車)】 アルピコ交通新島々駅→乗鞍高原行きバスで50分、バス停:楢の木坂下車、徒歩すぐ
【交通(車)】 長野道松本ICから国道158号、県道84号経由で40km1時間
【駐車場】 あり/100台/無料
【料金】 大人500円、小学生以下300円、貸切風呂は入浴料のみで利用可
【営業時間】 9~21時
【定休日】 不定休・要確認
【予約】 不要/貸切風呂予約不可(利用は1時間位を)

2、湯けむり館(ゆけむりかん)/松本市安曇

白樺林に囲まれた森の中にあり、カフェレストランに併設していているので入浴を楽しんだ後にゆっくりとお食事も楽しめます!
【所在地】 長野県松本市安曇4306-6
【問合先】 0263-93-2589
【交通(電車)】 アルピコ交通新島々駅→アルピコ交通バス乗鞍高原行きで1時間、バス停:観光センター前下車、徒歩すぐ
【交通(車)】 長野道松本ICから国道158号、県道84号経由で40km1時間
【駐車場】 あり/100台/無料
【料金】 大人720円、3歳以上300円
【営業時間】 9時30分~21時(受付は~20時)
【定休日】 第3火曜(4月上旬~中旬、12月上旬に休館日あり)
【予約】 不要
  • 長野県松本市安曇4306-4
  • 0263932589

3、白船荘新宅旅館(しらふねそうしんたくりょかん)/松本市安曇

こちらは自然の地形を生かして作られた露天風呂があります。源泉かけ流しで温泉を使用していて圧縮された炭酸が多く含まれていているので血行をよくしてくれますよ!
【所在地】 長野県松本市安曇4201
【問合先】 0263-93-2201
【交通(電車)】 アルピコ交通新島々駅→白骨温泉行きバスで1時間、終点下車、徒歩5分
【交通(車)】 長野道松本ICから国道158号、県道84号経由で45km1時間30分
【駐車場】 あり/50台/無料
【料金】 大人700円、5歳~小学生350円
【営業時間】 12~14時
【定休日】 不定休
【予約】 不要

4、泡の湯旅館(あわのゆりょかん)/松本市安曇

ここでは混浴の大野天風呂が人気で、季節ごとに表情を変える景観を眺めながら湯心地を楽しむことができますよ。人気のおすすめ日帰り温泉です。
【所在地】 長野県松本市安曇白骨温泉4181
【問合先】 0263-93-2101
【交通(電車)】 アルピコ交通新島々駅→アルピコ交通バス白骨温泉で1時間22分、バス停:泡の湯下車、徒歩すぐ
【交通(車)】 長野道松本ICから県道300号経由で45.8km1時間10分
【駐車場】 あり/50台/無料
【料金】 大人1050円、3歳~小学生510円
【営業時間】 10時00分~14時(冬期変更あり、要問合せ)
【定休日】 木曜(天候、メンテナンス等で臨時休業あり)
【予約】 不要
bookingで見る 他の提供元を表示6件
  • 長野県松本市安曇白骨温泉4181
  • 0263-93-2101

5、上高地温泉ホテル(かみこうちおんせんほてる)/松本市安曇

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

LANIKAI第二の故郷でもあるHAWAIIをこよなく愛し、旅の半分はHAWAIIへ里帰りをしています。現在は最愛の妻と怪獣のごとく『イヤイヤ期』真っ盛りの娘の育児に日々奮闘中!HELP ME!

このまとめ記事に関して報告する