• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
絶対に行ってみたい!神秘の池!岐阜県「モネの池」がすごい!

岐阜県関市の通称名も無き池が、今注目を集めています。 透き通った池に睡蓮が浮き、色鮮やかな錦鯉が泳ぐ美しい光景が、画家モネの代表作「睡蓮」に似ていることで話題となり、ネットでモネの池と呼ばれています。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

あまりの透明度で底が見えるほどの幻想的なモネの池

モネの池は透明度が高すぎて底が見えるほどです。そこに色鮮やかな花々や鯉などで幻想的な模様を醸し出しています。池の色は時間や日照などによって透明・ブルー・グリーンなど様々な色に変化します。行ったその日にラッキーならこのようなモネの池が見れるかも。

クリスタルブルーに輝くモネの池

透明度の高い湧水に咲く睡蓮が美しくマッチして、まるで絵画モネの池のようになっていることからこの名で呼ばれています。正式名は「名も無き池」と言います。池には錦鯉が多く泳いでいるため、鯉・天候・日照がうまく重なると究極の和風モネの池が撮影できます。

日照や時間によってはエメラルドグリーンに変化

睡蓮が美しくマッチする

池底が見えるほどの透明度

透明度が高いため、池底が見え草木の影が神秘的な描写を映し出しています。

住所 〒501-2901 岐阜県関市板取上ケ瀬1643−17

アクセス
【車でお越しの方】
美濃IC→国道156号線→県道81号線→国道256号線→関市板取白谷
駐車場:無料駐車場あり

【交通機関でお越しの方】
JR岐阜駅から岐阜板取線で「洞戸栗原車庫」へ
板取ふれあいバスにのり「白谷あじさい園」で下車
徒歩150mで到着

以下の記事もぜひご覧ください

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

アトリエ・イハナ岐阜県高山市の高山昭和館前にある、アンティーク雑貨とハンドメイドアクセサリーの専門店アトリエ・イハナです。写真事業では高山市を中心に360度パノラマや風景写真をおこなっております。

このまとめ記事に関して報告する