• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
北海道といえばこの温泉!日帰りおすすめ登別温泉ランキングTOP7

北海道に旅行するとき、食事やホテルの他に温泉も旅のメニューにいれるのではないでしょうか?登別温泉郷の宿泊なしで入れる日帰り温泉ランキングはどうなっているのでしょうか?ぜひチェックして観光の途中にでも入って疲れを癒してみるというのはいかがでしょうか?それでは登別温泉の日帰り温泉ランキングTOP7を案内させていただきます。

このまとめ記事の目次

第7位  新登別温泉 旅館 四季~大人500円 子供400円

かなり熱めのお湯がちょろちょろと出ています。外見的な派手さはありませんが森林の中にあり自然を満喫できる露天風呂です。硫黄の臭いがしたり湯の花もたくさん浮いていて、源泉らしい風情があります。登別では観光アイテムとしての野生の鹿が見られますが、ここも野生の鹿が現れそうです。

詳細情報

・住所:北海道登別市上登別町42-28
・アクセス:車:道央自動車道 登別IC 
・駐車場:10台(無料)
  • 北海道登別市上登別町42-28
  • 0143-84-3045

第6位 登別グランドホテル~大人1500円 子供500円

登別には9種類の源泉質があり、このうちの3種類のお湯を楽しめます。

登別には9種類の源泉質があり、このうちの3種類のお湯を楽しめます。

施設の大きさと同じくらいの本格ドーム型ローマ風温泉は圧巻です。食塩泉は熱の湯とよばれるくらい、湯冷めしないのも特徴です。硫黄泉や鉄線もあり、皮膚病、糖尿病、神経痛、リューマチ、打ち身、腰痛、更年期障害などに効用があります。

詳細情報

・住所:北海道登別市登別温泉町154
・利用時間など:12:30~20:00(月・木曜日は14:30~20:00)
ただし、年末年始はご利用できません。
・アクセス:自家用車で道央自動車道登別東インターチェンジより約10分の所に位置し、所要時間は、札幌から約1時間40分、新千歳空港から約1時間、JR登別駅から約13分です。
※駐車場が満車の際には、お断りさせて頂く場合もございます。

第5位 森の湯山静館~大人600円 子供300円

春は玄関先に綺麗な桜がさきほこります。

春は玄関先に綺麗な桜がさきほこります。

森林浴の成分のフィトンチッドで有名なカルルス温泉地区の一つで昭和50年に創業されました。大自然に囲まれた源泉かけ流し温泉です。飲泉所もあり、整腸作用等があると人気です。単純泉で旅の疲れを癒してくれます。

詳細情報

・住所:北海道登別市カルルス町16
・アクセス:車:札幌市中央区より・・・・1時間30分(高速利用の場合)
新千歳空港より・・・・・・1時間(高速利用の場合)
苫小牧フェリーターミナルより・・・・・40分(高速利用の場合)
室蘭市より・・・・・40分
※退館が午後8時となりますので、大半のお客様が午後7時頃 最終の受付となっております。
※休憩室・食事処などのご用意はしておりません。どうかご理解ください。
bookingで見る 他の提供元を表示4件
  • 北海道登別市カルルス町16
  • 0143-84-2856

第4位 花鐘亭はなや~大人700円 子供350円

室内はとてもきれいに整備されています。従業員の対応もとてもよいと人気です。食事も北海道の海の幸が堪能できます。はなやの周辺にはすずらんはじめ、可憐な野花がみれます。近くには牧場や散策もできる所があります。

詳細情報

住所:〒059-0551北海道登別市登別温泉町134
交通アクセス:JR登別駅より道南バス登別温泉行き13分「花鐘亭はなや前」バス停から徒歩1分。登別東インターから車で5分。無料駐車場あり
駐車場:有り 30台 無料 予約不要
rakutenで見る 他の提供元を表示7件
  • 北海道登別市登別温泉町134
  • 0143-84-2521

第3位 登別万世閣~大人 1,100円 子供 550円

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する