• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
地元民も知らない絶景。山形県に隠された伝説の秘境「丸池様」とは

自然の美しさが魅力の山形県。山形県と言えばイメージする観光スポットに銀山温泉や山寺が挙げられると思います。しかし山形県には県民ですら知らない、美しき秘境絶景スポットが存在していたのです。今回はそんな山形県で見つけた、穴場すぎる秘境「丸池様」をご紹介します。

このまとめ記事の目次

実は絶景揃い!山形県にはもう行った?

自然の美しさが魅力の東北地方。そんな東北地方の中でも、良い意味で田舎な雰囲気が残るのが山形県です。筆者も縁があって幼い頃は毎年山形県を訪れていたものです。澄んだ空気、美しい緑、そして美味しい食べ物。都会ではなかなか見つけられない素朴さが、今でも存在している場所です。
そんな山形県を代表する観光スポットと言えば、かつて松尾芭蕉が訪ねた地として有名な「山寺」や、大正ロマン溢れる「銀山温泉」などが挙げられますよね。
しかし!山形の魅力は他にもありました。今回は山形県に存在する、“地元民も知らない”ある絶景スポットをご紹介。一体、どんな場所なのでしょうか。

県民も知らない穴場すぎる絶景「丸池様」とは

写真を見てビックリした方も多いはず。「ここが山形県?」と思わず疑ってしまうほどの景色ですよね。でも実はここ、“山形県”なんです。
この美しき絶景は、山形県の飽海郡遊佐町にある、「丸池様」と呼ばれている場所。地元民もなかなか知らない伝説の秘境スポットで、その美しきエメラルドグリーンの水で訪れる者を魅了しています。ちなみに山形県民である筆者の友人も知らない場所と言っていたほど、県内でもあまり知られていない場所なんですね。
ここ「丸池様」へはJR吹浦駅から車で5分ほどで付近に辿り着きます。鳥海山の麓にひっそりと佇んでおり、ナビで検索してもでてこないという秘境スポット。鳥海山大物忌神社の境内地にあり、箕輪鮭漁業生産組合の付近に看板があるので、ここで「丸池様」の位置をチェックしてから向かいましょう。

美しすぎるエメラルドグリーンから目が離せない!

いざ辿り着いてみると、ご覧のようなエメラルドグリーンの絶景が目の前に広がります。言葉に表せないほど神秘的な美しい泉、といった感想です。ここが山形県ということを忘れてしまうほどの景色ですね。
この「丸池様」は直径20メートル、水深5メートルの湧き水だけで満たされた池。透き通った水を眺めていると、底からポコポコと水が湧いています。太陽の光の加減により、エメラルドグリーンだけでなく鮮やかなブルーにだって変化するんです。また、水中の倒木さえもなかなか朽ち果てず、まるで龍のごとく池底に潜んでいる光景は圧巻です。
この「丸池様」にまつわる伝説も。それは後三年の役で、鎌倉権五郎景正が敵に目を射抜かれ、三日三晩その敵を探し求め見事に討ち取った後にこの「丸池様」で目を洗ったというもの。その後この池に住む魚は鎌倉景正に敬意を表して全て片目となったのだとか!周辺の地元民からは古くから信仰の対象とされていたようです。
近年写真家を中心にジワジワとその名が広まっている「丸池様」。どこか神秘的な力が宿るパワースポット、これは見に行くしかない!

山形に隠された美しき絶景を、その目で確かめてみて。

いかがでしたか?

山形県には美しすぎる秘境「丸池様」が存在していました。まだまだ探してみれば、山形の素敵な絶景スポットに出会えるかもしれませんよ。是非次の旅行は山形へ!

詳細情報

  • 山形県飽海郡遊佐町直世荒川57
  • 0234-72-5886

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 今年は桜の開花も早く、例年にも増してあっという間に春が過ぎ去った気分ですよ...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

arianaventiヴェンティー

このまとめ記事に関して報告する