• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
一足お先に秋を満喫!北海道「大雪山国立公園」へ"日本一早い紅葉"を見に行こう

大雪山は北海道の最高峰である旭岳をはじめ、20連峰におよぶ山々の総称です。そんな大雪山にある大雪山国立公園は、日本で一番早く紅葉を見ることができる紅葉スポットでもあります。秋ももうすぐそこ!一足お先に秋を満喫しませんか?

このまとめ記事の目次

“日本一早い”紅葉スポット

大雪山国立公園

大雪山は北海道の最高峰である旭岳(2,291m)をはじめ、20連峰におよぶ標高2,000m級の山々の総称です。そんな大雪山にある大雪山国立公園は、国内最大の山岳を中心とした自然豊かな国立公園です。
その広大な面積は神奈川県に匹敵すると言われ、1934年に国立公園に指定されました。夏には、日本最大といっても過言ではないほど多彩な高山植物の花畑が広がります。そんな大雪山国立公園は日本一早い紅葉が見られる紅葉スポットでもあります。

色付き始めは8月下旬

秋の到来は非常に早く、なんと8月下旬には色付き始めます。9月に入ると夏の時期に賑わいを見せていた大雪山の花々もその姿を隠し、ヒグマやナキウサギも越冬に向けて準備を始めます。
9月中旬には全域で紅葉のピークを迎えます。そこで、8月下旬~9月中旬の紅葉の見頃の時期にかけてのおすすめルートをご紹介します。

紅葉を存分に楽しむおすすめルート

旭岳ロープウェイ山麓駅~姿見駅

おすすめは片道約3時間かかるルートです。まずはロープウェイ山麓駅にてロープウェイ乗車し、姿見駅、第一展望台を目指します。

姿見駅~裾合平

そして、第一展望台から第三展望台、裾合平を目指します。一面に色付き始めた紅葉が広がる景色は、大雪山国立公園を訪れた際には絶対に見て欲しい絶景です。

裾合平~当麻乗越

最後に裾合平から当麻乗越を目指します。当麻乗越からの眺望は大雪山系屈指の絶景なのでラストスパート頑張ってください!
当麻乗越は、日本で一番早い紅葉を望むおすすめ絶景ポイントです。そこからの眺めは、南西側に北海道の最高峰旭岳と熊ヶ岳が見え、西側から北側にはネイビーブルーの池塘群と紅葉、そして青空と雲のコントラストが楽しめ最高の景色が見られます。

初雪も早い!

紅葉が早い分、初雪も早くに見られます。こちらでも平均的な初雪の時期は9月中旬から下旬で、10月下旬にもなると降った雪も残るようになり本格的な冬が訪れます。
全国的に冬の訪れがニュースで伝えられる頃には、大雪山国立公園付近では真冬のような景色が見られます。このように冬の訪れが早いので紅葉の時期は少ししかありません。その貴重な時期をお見逃しなく!

ロープウェイが便利!

大雪山の紅葉を最も手軽で安全に見物ができる方法が旭岳ロープウェイです。先ほど紹介したおすすめルートもロープウェイを使うルートになります。
ロープウェイからは真下にこのような美しく色づいた紅葉を見ることができます。なかなか紅葉見下ろすということはないと思うので、とても貴重な体験ができます。

旭岳ロープウェイまでのアクセス方法

旭岳ロープウェイまでのアクセス方法は、自動車もしくはバスの利用になります。自動車の場合、道央自動車道(高速道路)をご利用のお客様は「旭川鷹栖IC」もしくは「旭川北IC」を下車ください。バスは、JR旭川駅前(乗り場10番)~旭岳(ロープウェイ山麓駅前)の区間になります。そこからロープウェイをご利用ください。

スポット情報

  • 北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉
  • 0166-68-9111

一足お先に秋を満喫!

秋はもうすぐそこですが、大雪山国立公園で一足お先に秋を満喫しませんか?日本一早い紅葉を是非お楽しみください。

スポット情報

  • 北海道上川郡上川町層雲峡
  • 011-299-1950

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する