• はてぶ
  • あとで
バックパッカーの基本!初めてのバックパック選びに重要な5つのコツ

これからバックパック旅行に出かけるあなた、旅行の準備でまず迷うのは、どのバックパックを選んだら良いのかという問題。初めてバックパック旅行に出かける方に、バックパックの選び方のコツをご紹介します。これであなたもバックパッカーデビュー!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

バックパッカーデビュー!でもどう選べば?

夏休みを利用して長期の旅行に出かける計画を立てている方も多いかと思います。せっかくの長期旅行、いわゆる「バックパッカー」デビューを考えているひともいるのではないでしょうか。さて、今回は筆者の経験と独断と偏見をもとに、初めてのバックパック選びで失敗しないためのコツをご紹介します!

1. 本当にバックパックでいいの?

そもそも、本当にバックパックを買うべきかどうかよく考えてください。「東南アジア行くならバックパックでしょ!」というあなた、ちょっと待ってください。バックパックにはメリットも多いですが、デメリットもあります。旅のスタイルによっては、スーツケースの方がずっと良いこともあるんですよ。

バックパックのメリット

バックパックを使うメリットは、なんといっても両手が空くこと。荷物を持っても両手が空いて、地図を見たりできることは防犯上大きなメリットです。
そして、荷物を持ちすぎないで済むこと。「ついついあれこれと荷物をつめていったら、お土産を入れるスペースが無くなった。」よくありますが、そもそもそれほど大きくないバックパックだと荷物は慎重に選びますし(入れるほど重たいですし...)、物をいれない時は小さいバックパックは、省スペースですよね。

バックパックのデメリット

大きなデメリットはやはり、耐久性と防犯上の問題です。バックパックは軽量に作られている物が多いですが、ものによってはナイフなどで簡単に破られてしまうこともあるのが現実です。また輸送途中に壊れたり破れたりもするため、スーツケースに比べると中身を守る力は弱そうです。

2. バックパックの種類

お店の大型バックパック売り場に行くと、大きく2種類のバックパックがあると思います。一つは「旅行用」、そしてもう一つは「登山用」です。この二つはどのように違うのでしょうか?

旅行用バックパック

旅行者用のバックパックはジッパータイプのものが多く(写真のように下にも開け口があるものも)、中身を取り出すのにとても便利です。ポケットやカラビナなどをたくさんつけられるものが旅行者には向いていると思います。

登山用バックパック

こちらが登山用バックパックです。一概には言えませんが、全体的にツルッとした外見のイメージです。ベースキャンプ以外で荷物を頻繁に出し入れすることは想定されていないため、荷物の取り出しは上からのみのものが多く、ちょっと不便かもしれません。チャックを使ったロックを使用できない点にも注意です。
※必ずしも旅行用を選ぶ必要はなく、より軽量な登山用のもとを使う方もたくさんいます。筆者も現在登山用に近いものを使っています。

3. 腰ベルト、フレームはちゃんとある?

旅行用バックパックが普通のリュックサックと異なる点は、長時間背負って移動することを前提として作られているため、体への負担が最小限になるようにデザインされていることです。特に大切なのが、バックパックの腰ベルトとフレームです。

腰ベルト

これがあるのとないのでは大違い!バックパックは腰で背負うものと言われるくらい、肩より腰に重量がかかるのがベストです。体に合わないバックパックを長時間背負っていると、本当に肩が痛くなります。調整できるものも多いので、腰ベルトがちゃんと機能するものを選びましょう。

フレーム

普通のリュックとのおそらく一番大きな違いはこれ!フレームです。バックパックの中に入ったもの、出ているものなど種類はありますが、これがないバックパックはただの「大きなリュック」です。自分の身体に合うかどうかもよく確認してみてください。

4. サイズ選び

バックパックを選ぶ時に一番悩ましいのがサイズの問題です。原則として軽ければ軽いほど楽で安全で良いのですが、身体の大きさや旅程を考えて自分にぴったりのサイズを見つけましょう!

身体の大きさ

by yto
身体の大きさを考えた時の適切なバックパックの大きさは、一般的に体重の8分の1程度と言われています。体重が50kgの場合6kg弱ですが、逆に5分の1以上の10kgを超えると身体に負担がかかりすぎ危険です。

旅のスタイル・日数

旅のスタイルや日程によっても変わります。野宿をするなら寝袋を持たなければいけないし、寒いところに行くなら上着も必要ですよね。旅程に関しては、2週間を超える場合は身体にあったサイズを選べば良いと思います。ビニール袋一つで世界を旅する人もいるようなので、自分のスタイルを見つけて下さい!

5. 便利な機能をカクニン!

ロック

防犯に気を使いたいあなたは、スレンレス性の防犯ネットを使うのもいいかもしれません。ジッパーの取っ手に付けるだけのロックにくらべ安全です。

防水カバー

移動の途中に雨にふられた場合、バックパック自体の撥水機能では心もとないですよね。バックパックによっては雨から大切な荷物を守る防水カバーがついてくる場合があるので選ぶ際にチェックしてください。別売りの防水カバーもあります。

2気室は便利!

個人的に便利だと感じるのは、バックパックの中身が上下2段に仕切られている「2気室」のもの。特にその仕切りをジッパーで開けられるものは荷物の出し入れが格段にやりやすく、ストレスが少ないです。

これであなたもバックパッカー!

いかがでしたか?バックパックを初めて買う方は、以上の注意点を参考に、ぜひ自分にぴったりのバックパックを見つけてくださいね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ziba-nyanオホーツク出身の大学生。島・海・猫・映画が大好物。

このまとめ記事に関して報告する