• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
窓から見る秋の絶景にうっとり。CMにも登場した「源光庵」は京都が誇る紅葉名所

四角い窓(迷いの窓)と丸い窓(悟りの窓)で有名な「源光庵(げんこうあん)」。京都市北区鷹峯北鷹峯町にある「源光庵」は、京都の紅葉の名所の1つです。今回は秋の紅葉観光にぴったりな人気観光スポットである「源光庵」を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「源光庵」とは?

源光庵は、京都市北区鷹峯北鷹峯町にあります。源光庵の紅葉は、京都の紅葉の名所の1つで人気の観光スポットです。2014年の秋に放送されたJR東海のCMに登場して話題となりました。
源光庵は貞和2年(1346)大徳寺の徹翁国師(てっとうこくし)により臨済宗のお寺として創建されました。その後、一時衰退したものの、元禄7年(1694)に卍山道白禅師(まんざんどうはくぜんじ)が曹洞宗のお寺として再興し、現在に至ります。歴史の長いお寺なのです。

「源光庵」は見所が満載!

源光庵には、丸い『悟りの窓』と四角い『迷いの窓』という2つの窓が有名です。丸い「悟りの窓」は、何ものにもとらわれないおおらかな心と大宇宙を表現しています。一方、四角い「迷いの窓」は、病や死などさまざまな苦しみに満ちた人間の生涯を象徴しています。
二つの窓に並んで有名な源光庵の本堂にある”血天井”。 伏見城の戦いで石田三成に敗れた徳川家家臣・鳥居元忠らが自刃した痕跡が残っていて、のちに供養のため伏見城から源光庵に移築されて血天井となりました。 リアルな手や足の跡が残っています。

源光庵の紅葉は絶景!

秋になると緑のカエデの木が彩り鮮やかな紅葉に。緑の絶景がカラフルな紅葉の絶景に変わります。二つの窓からも美しい光景がバッチリ見えます。写真に収めたくなりますね。

源光庵の紅葉の見頃は?

源光庵は 例年11月上旬に色づき始め、11月中旬~11月下旬が見頃となっています。紅葉観光に行く際は、見頃の時期を見計らって絶景の紅葉を見に行きましょう!

オススメの紅葉スポットは?

悟りの窓

迷いの窓

オススメの紅葉スポットはやっぱりこの二つの窓です。丸窓の「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」から紅葉を眺め、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

”源光庵”で京都の絶景を見よう!

いかがでしたか?源光庵は日本の風情溢れる紅葉スポットですね。今年の秋は源光庵に康応を見に行きましょう!

詳細情報

  • 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47 源光庵
  • 075-492-1858

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する