• はてぶ
  • あとで
“天橋立”が綺麗に見られる!京都「成相寺」の真っ赤な紅葉が美しい

9月に入り涼しい日が続き、秋の訪れが見えてきました。秋といえば美しい紅葉ですよね。日本三景の天橋立を一望することのできる山腹にある成相寺では、11月の上旬から中旬に五重塔を彩る紅葉を楽しむことができます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

天橋立の見渡す”成相寺”

京都にある、日本三景のひとつ「天橋立」を望むことのできる景勝地の成相時。日本に5つしかない”聖の住む所”としてたくさんの参拝者を集めています。
境内には、悲話がある”撞かずの鐘”、”奇怪な話の底なし池”、美人観音として有名な聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)など、見どころ満載の神社です。

五重塔を囲む紅葉

成相寺の紅葉のオススメポイントは、五重塔を囲む真っ赤な木々です。五重塔があることによって、古都京都の歴史を感じさせる紅葉へと変化しますよね。
成相寺の紅葉は、そのまま絵はがきに出来そうなほどの絶景。赤い木々の美しさを心ゆくまで楽しんでください。

見頃はいつ?

見頃:11月上旬〜11月中旬

イメージ画像です。

成相寺の紅葉は10月の下旬から色づき始め、11月の上旬から中旬に見頃を迎えます。この時期を逃さず足を運んで下さいね。

美しすぎる紅葉のライトアップ

2015年秋には11月7日(土)、8(日)、14(日)、15(日)に夜間拝観を行い五重塔や本堂、そして紅葉をライトアップしました。2016年の情報はまだ公開されていないので、HPの情報をチェックしてみてください。ライトアップされた紅葉は幻想的でとても美しいですよ。
ライトアップの他にも、和紙にもみじの葉を張ったライトアートがなどが展示されました。光に浮かぶ紅葉は一層美しさを増します。2015年は日没から21時頃までライトアップ(雨天決行)がされていました。入場は無料。2016年の情報解禁が待ちどうしいですね。

詳細情報

天橋立とセットで楽しむ紅葉を見に行こう

イメージ画像です。

いかがでしたでしょうか。成相寺の紅葉とっても美しいですよね。日本三景の天橋立を一望するのと一緒に、五重塔を彩る紅葉を楽しんで下さい。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する