• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【美しさに息をのむ!】 虎ノ門ヒルズの個性派高級ホテル「アンダーズ東京」の魅力とは?

東京の中心・虎ノ門ヒルズの高級デザイナーズホテル「アンダーズ東京」。朝食にランチやアフタヌーンティー、結婚式でも人気がありますが、今回はこの高級ホテルの個性的な魅力を、客室やレストラン&バー、スパやプールなど、主にインテリアやデザインの目線でご紹介します。

このまとめ記事の目次

「アンダーズ東京」とは?

「アンダーズ東京(Andaz Tokyo)」は、2007年にロンドンのリバプールストリートで誕生した「アンダーズ」ブランド12番目の高級ホテルです。
コンセプトとする「パーソナルスタイル」「インディジンズ(土地の固有性)」の美しさをインテリアの随所に感じることができます。
51Fのレセプションカウンター。
館内には所謂チェックインカウンターは設置していません。自分の家に招いたようなパーソナルな接客スタイルを目指しているそうです。
背面の組子格子のアートは小高重光氏の作品。釘を一切使わない組子細工を駆使しており圧巻です。
ホテルの施設・客室・環境などのデザインを担当したのは世界的にも有名なデザイナー、トニー・チー氏(Tonychi and Associates)。
台湾生まれで現在はアメリカを拠点に活動している彼は、ハイアットのホテルも多く手掛けており、今回は「和紙」と「折り紙」をキーワードに独創的なインテリアをデザインしました。

客室の魅力とは?

tokyo.andaz.hyatt

デラックス - アンダーズ ラージ キング

客室は47F〜50Fに位置します。
高層階に位置しているため、どの客室からも素晴らしい眺望を確保。窓の開口も広く、空中に浮いているような錯覚さえ覚えます。

スタンダード - アンダーズ キング

スイート- アンダーズ スカイ スイート

客室インテリアには、北海道産ウォールナット材の一枚板デスクや和紙照明を配し、全体的には木・石・紙など自然素材の質感で包まれるような温かいデザインとなっています。
ちなみにスカイスイートは1泊100万円(!)です。
tokyo.andaz.hyatt
洗面台にも木を多用。
リビングと同様に、和と洋が混ざった独創的なリュクスなデザインとなっています。
tokyo.andaz.hyatt
スイートのアメニティにはフランスのコスメブランド「コテ・バスティド」の「アルガン」シリーズを採用。様々な香りを楽しめます。
客室は全164室
・「スイート」3タイプ、125㎡〜210㎡、全8室
・「デラックス」2タイプ、65㎡
・「ビュー」5タイプ、50㎡
・「スタンダード」2タイプ、50㎡

レストラン&バーの魅力とは?

最上階52Fのルーフトップバー。
セミオープンテラスからは、東京湾やお台場など眩く美しい夜景を楽しめます。
バーや茶室、チャペルを含むルーフトップエリアのデザインは、緒方慎一郎氏が代表を務めるSIMPLICITYが担当しています。
tokyo.andaz.hyatt
51Fメインダイニング「アンダーズ タヴァン」。
日本の食材を使ったヨーロッパの様々な地方料理を楽しめます。ラウンジ&バーではアフタヌーンティーも(3,900円〜)。
ダイニング中央には、チャーリー・ウィニー作の木材アートを設置。蒸気を使ってオーク材を曲げて制作された有機的な曲線が素敵です。
1Fには、ペストリーショップとカフェ&バー 「BeBu (ビブ)」があります。
ペストリーショップには、エクレアや旬なフルーツを使ったタルトなどがショーケースに並びます。「BeBu」はハンバーガーとやグリルメニューを取り揃えたカジュアルレストラン。テラス席もあります。ランチなどにも利用してみたいですね。

スパ&ウェディングの魅力とは?

37Fのスパ「AO(アオ)スパ&クラブ」。
炭酸泉プールやバーデプールなど、都心では珍しい施設を備えています。
スパでは国産を主原材料とするフルーツやハーブなどを組み合わせた、テーラーメイドのトリートメントを提供しています。
tokyo.andaz.hyatt

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

designX旅と日常にデザインを。

このまとめ記事に関して報告する