• はてぶ
  • あとで
突如原宿に現れる中世ヨーロッパの風景!「ブラームスの小径」って知ってる?

若者のスポットとして馴染みのある原宿。特に竹下通りは、ポップでカワイイファッションの流行発信地として知られています。しかしそんな竹下通りから少しそれた場所に、まるで本当に中世ヨーロッパに迷い込んでしまったのかと思うような場所があるのをご存知でしょうか?今回はそんな「ブラームスの小径」を紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

流行の発信地、原宿の竹下通り

原宿駅の竹下口を出てすぐの場所にある竹下通り。ここは原宿のポップでカワイイファッションの流行発信地として多くの若者が集まります。写真のように平日休日を問わず多くの人がごった返し、いかにも都会の喧騒、といった様相を呈しています。
しかしそんな竹下通りを横道に少しそれただけでこんなオシャレなヨーロッパのような小径にたどり着くことができるのを皆さんはご存知でしょうか?今回はこの「ブラームスの小径」について紹介したいと思います。

「ブラームスの小径」への行き方

まずはJR原宿駅の竹下口から外へ出て、そのまま目の前の竹下通りに入ります。
そのまま竹下通りを歩いていると左手側に100円ショップダイソーが見えるので、その反対側、LOVXの左手の道に入ってそのまま直進して行きます。
そうして歩いていくとブラームスの小径の入り口に突き当たり、中に入って行きます。この入り口にはブラームスの小径を示すような特別な表示はなく、入り口の右手側にお店の宣伝がされているだけなので「あれ?」と思うかもしれませんが迷わずそのまま直進です!

いざ「ブラームスの小径」へ!

ブラームスの小径は、そもそも明治神宮の清正井戸の湧水が流れ込んでいる川であったところが地下水路となり、その上にできた道のことなのです。こちらには緑に囲まれオシャレな赤レンガの建物が多くみられ、これらはレストランや結婚式場となっています。
このような景色を見れば見るほど、ここが東京のど真ん中であることを忘れてしまいそうです。まるで中世ヨーロッパのような風景が味わえるこちらの小径は、ふらっと散歩に来るにもとても足を運びやすいのが良いですよね。
そして次は、このブラームスの小径に来たらランチやディナーに寄っておきたいオシャレなお店を紹介します。いろいろなシチュエーションで使えるお店となっているので是非チェックしてみてください!

1.ジャルダン・ド・ルセーヌ

ブラームスの小径でのおすすめ飲食店、1軒目はフレンチレストラン「ジャルダン・ド・ルセーヌ」です。こちらは白亜の洋館とも言える立派なたたずまいであるにも関わらず比較的リーズナブルに料理を楽しめるお店となっています。

そば粉のガレット(1,500円)

こちらで是非召し上がっていただきたいのが、ランチ限定メニューのそば粉のガレットです。ガレットはカロリーも低く、またその周りには野菜がふんだんに使われているので健康に気遣う女性にはうれしい一品となっています。
ここで食事をすれば本格的に都会の喧騒を忘れられそうですね。ディナーのコースも3,800円~と、とても良心的です。こちらは結婚式場ともなっているので、食事で利用する際には是非大切な人といらしてください。

詳細情報

3.41 360

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.Blue Garden(ブルーガーデン)

ブラームスの小径でのおすすめ飲食店、2軒目はレストラン「Blue Garden」です。こちらは西洋式の洋館内に作られたもので、ウッド調の内装と広々としたテラス席がリゾートを思わせ、とても素敵なお店となっています。

明太子とイカの青しそスパゲッティ(1,000円)

こちらで是非召し上がっていただきたいのが、明太子とイカの青しそスパゲッティです。ここでのランチメニューにはすべてサラダ、スープ、パン、ドリンクがお代わり自由となるビュッフェがついてくるので、非常にお得となっています。
また半個室となるソファ席もあり、こちらも晴れた日には都会の喧騒を忘れて自然を満喫することができます。デートから女子会、貸し切りパーティと様々なシチュエーションで利用できるお店なので覚えておいて損はありません!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する