• はてぶ
  • あとで
仮装ルール完全版!ディズニー・ハロウィーンで気をつけたい10のこと

遂に始まった「ディズニー・ハロウィーン」。2016年9月9日(金)〜10月31日(月)までの開催です。ディズニー・ハロウィーンの醍醐味といえば、やっぱり"フル仮装"!そこで今回は仮装のルールを徹底的にご紹介。ルールを守って、最高の思い出にしてくださいね!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 「仮装できる期間は限られている」ということ

まず1つ目の気をつけたいことは、2016年のディズニー・ハロウィーンでは、「仮装できる期間は9/9(金)~9/15(木)、10/25(火)~10/31(月)のみ」だということ。
ディズニーのキャラクターにフル仮装して楽しめる「ディズニー・ハロウィーン」ですが、仮装できるのはハロウィーンイベントが始まる最初と最後の週の1週間のみ。イベント期間中いつでも仮装していいというわけではないことをご注意ください!
普段仮装が許されていない理由は"キャストとの見分けが難しいから"なのだとか。仮装できないのも、全ては"ゲスト"であるお客様の混乱を防ぐ為なんです。やっぱりディズニーのゲストへの徹底した配慮は素敵ですよね!私たち"ゲスト"も快く守りましょうね。

②「仮装はディズニーキャラクターにする」こと

2つ目の気をつけたいことは「仮装はあくまでディズニーキャラクターにする」ということ。ハロウィーンだからって何でも仮装していいわけではありません!ディズニーのキャラクター内にとどめましょうね。

実写映画キャラはNG!(ただしアトラクションがあるキャラはOK)

但し、いくらディズニー映画だと言えども、アニメ以外の実写映画のキャラに仮装するのはNGとなっているので、この点もご注意ください。
しかし、例外として、パーク内にアトラクションがあるキャラクターはOKとされています。なので、アトラクション「カリブの海賊」のモチーフである映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』に登場するキャラクター、例えばジャック・スパロウなどは仮装できるのでご安心ください!

キャストの仮装もNG!

ディズニーリゾートファンになればなるほど、好きになってしまうのが"キャスト"の方々の存在。しかしキャストに仮装してしまうと、本物との見分けが付かなくなってしまうので禁止されています。ですが、小学生以下なら、キャストのコスチュームを着た仮装もOK!ファミリーで出かけるなら、お子さんにキャストの仮装をさせてみるのも楽しいかも知れませんね。

③「化粧は"程よく"可愛くorカッコよくする」こと

3つ目の気をつけたいことは「化粧は"程よく"可愛くorカッコよくする」ということ。せっかく仮装ディズニーということで張り切る気持ちも十二分にわかりますが、顔への過度なメイクや付け髭、色塗りなどは禁止になっています!
ディズニー・ハロウィーンは「The Villains World」がテーマということで、ヴィランズの仮装は人気なので、化粧を厚くしたいという方も多い事でしょう。
ですが、顔色が変わってしまうくらい色を塗ったり、別人になるくらい過剰なメイクや付け髭を付けるのは禁止。ハロウィーンでありがちの顔に傷跡を描くのも禁止されています。普段のメイクを基本として、自分らしく楽しみましょう!

④「衣装は安全な、且つ露出は控えたものにする」こと

4つ目の気をつけたいことは「衣装は安全な、且つ露出は控えたものにする」ということ。衣装についてもいくつか規則があるので、守るようにしましょう。

裾の長いマントやドレスはNG!

長いドレスや、長い髪、長いマントがとっても素敵なディズニーのキャラクターって多いですよね?ですが、仮装で忠実に再現しようとして裾を引きずるような衣装を着ると、他のゲストに踏まれたり、つまずいたり、ドアに挟まれたりして危険なのでNGとなっています。他にも、入園ゲートを通れないくらい幅のあるドレスも入園できないので注意しましょう。

肩ひもがない、お腹が見えるなど露出の多い衣装もNG!(肌着で工夫)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する