• はてぶ
  • あとで
山頂からの360度パノラマは絶景!愛知県・茶臼山の紅葉が美しすぎる

愛知県・北設楽郡豊根村にある茶臼山をご存知ですか。茶臼山は愛知県で1番標高の高い山で紅葉し始めるのが早く、例年多くの観光客が秋を先どりしにやってくる人気の観光スポットです。そこで今回は、紅葉の中をハイキングしたり、観光リフトで眺めながらの空中散歩が楽しめる贅沢な茶臼山の魅力をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

愛知県で1番標高の高い「茶臼山」

秋になると紅葉に色づく愛知県・茶臼山(ちゃうすやま)は、愛知県北設楽郡豊根村と長野県下伊那郡根羽村にまたがる標高1,416mで、高さが愛知県内で最高峰の山。
山域は天竜奥三河国定公園に指定されており、山頂には愛知県側の展望台と長野県側の展望台もあるため年中観光客などで賑わう観光スポットでもあります。ここでは奥三河の山々と南アルプスの山々が一望でき、『山の上に山がある』という形状になるという変わった形が特徴です。
そんな茶臼山は四季折々の変わった美しい光景を楽しむことができますが、特に秋の紅葉に色づいた景色は絶景。今回はそんな茶臼山に秋をご紹介します。

紅葉の見頃は10月中旬~11月上旬

県下で最も早く色づく愛知県の最高峰の茶臼山。標高1,416mの茶臼山は県下で最も早くカエデやブナなどが美しく色づきます。10月中旬~11月上旬が見頃となり、茶臼山高原道路から眺める紅葉も格別。
植林されていないので広葉樹が多く、美しい紅葉を楽しむことができます。紅葉の中をハイキングしたり、観光リフトで眺めながらの空中散歩が楽しめると家族連れなどからも幅広い人気を得ています。

11月には紅葉祭りも

さらに10月中旬から11月上旬には紅葉を楽しめるのみならず「秋の茶臼山高原 茶臼山で遊ぼう」と題して、2mの大鍋を使ったいも煮会や、ドラム缶のピザ作り体験(800円)など様々なイベントも。
他にも「秋の茶臼山高原」期間中は土・日曜を中心にさまざまなイベントが開催。特に人気なのが夜のライトアップ。赤や黄色に色づく紅葉を暖かみのあるライトが照らし出す光景はなんとも幻想的。
ライトアップ期間は10月8日~30日の日没からです。夜の茶臼山は気温10度前後ととても寒いので、訪れる際には是非冬の上着などご用意の上田紅葉を楽しまれてくださいね。

茶臼山に紅葉を見に行こう!

いかがでしたでしょうか?秋色に染まる愛知県茶臼山、イベントなどもたくさん行われるので関心のある方は是非、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

愛知県北設楽郡豊根村坂宇場

3.05 216

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する