• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
最大8ヶ月待ち!北海道の絶品プリンの入手・行き方難易度が高すぎる!

北海道に8ヶ月待ちになることもある「エゾアムプリン製造所」という絶品なプリン屋さんがあるのですが、絶品プリンももちろん、オーナーさんやお店の哲学など、すべてが素敵すぎるのです!魅力たっぷりのプリン屋さんをご紹介します!

このまとめ記事の目次

超入手困難のプリン屋さんが北海道にある!

北海道富良野市の平沢の丘の上に、
直接引取りで約1ヶ月弱、道内配送で約3ヶ月待ち、本州配送だと約8ヶ月待ちという、
幻のようなプリンを販売するプリン屋さんがあります。
どんなお店なのかと気になって公式HPを見た私。
見た瞬間に、確信しましたね。
このプリン屋さん只者じゃないなって 笑
TOPページが紙芝居のようになっているのですが、まずはこれをご覧になってください。
このゆるさ、しかしながら、ただならぬ芯を感じさせる世界観に私は一気に引き込まれてしまいました。
では、詳しく紹介していきます。

日が経つほど美味しくなる!絶品プリン!

直径20cmの大きなプリン。
すべて手作りでこだわって作っているため、一日限定18個のみの販売です。
できるだけ近くの人に食べて欲しいという思いから、北海道外からの注文がいくら多くとも、販売数の半分は道内枠として確保しているそうです。
そのため、北海道外からの注文は早くても2週間程度、長いと8ヶ月待つこともあります。

こだわりの食材を使ったプリン

食材はすべて北海道産の自然なものにこだわって作られています。
動物は自分の歩ける範囲のものを食べて生きている、だから食材だって、なるべく近いところのものを使うのが自然だという考えなんだとか。

時間が経つほど美味しくなる!

日が経つほど美味しくなるというのが、このプリンの最大の特徴です。
賞味期限は、北海道内だと6日、道外だと5日あるので、自分好みの食べごろを見つけましょう!
ただ食べ方には注意があって…

器から直接スプーンで食べるとスプーンについた雑菌(早い話つば)が繁殖して、いきなりいたむのが早くなります。(早い話腐る)

出典:www.amupurin.com
だそうです 笑
日が経つほど味が美味しくなるプリンなので、日毎の味の違いを楽しまなければもったいないですよね!
気をつけましょう!

季節によって違う味!

しぼりたての牛乳を使っているため、四季を通じて少しずつ味が変わります。
成分を調整してから売られる市販の牛乳とは異なり、冬は脂肪分が上がり、夏は下がるのだとか。
そのため、冬はより濃厚なプリンが、夏は比較的あっさりとしたプリンが味わえます。
また、牛が食べる千草の出来によっても味は変化するそう。
通常のお店だといかに同じ味を作りづつけるかが大事にされますが、ここのプリンは自然の変化を楽しむのが味わい方です。

行き方難易度が高すぎる…

ここのプリン入手難易度もさることながら、実はお店に辿り着くのも大変なのです 笑

住所が「北海道富良野市平沢の丘の上」としか書かれていないのです
「丘の上」ですよ、東京ならまだしも北海道ですから、「丘の上」が示す範囲広すぎます
この平沢の丘の上のどこかにあるらしい…
冬は雪で埋まってしまいそうな田舎道にあります。
ミノ虫をイメージして自ら作ったという店舗、素敵です。

プリンそのもの以外にもこだわりあり!

こだわり① プリンの容器

徹底的な自然志向を貫いているので、土に帰らないプラスチック容器は使いません。
容器は陶器でできているので、食べた後はご飯を炊いたり、オーブン料理にも使えてしまう優れものです。
ただ、悪いとところもあるらしく、意外とカビやすいらしい。
お店のHPには、丁寧にカビの除去方法が紹介されています。

こだわり② 箱

誕生日や結婚祝いなど、特別な日やプレゼントのために箱にメッセージを入れてくれます。
愛を感じますね。
こんな入手困難な絶品プリンをプレゼントされたら、喜ばない人はいないでしょう。

オーナーがどんな人なのか気になる…

プリンを作るのは、リーダーこと加藤公之さんと、アムちゃんことかおりさんご夫妻です。
2人は平成18年、東京から北海道へやってきて、お店を始めたそう。

アムさんの人柄が垣間見れる作文がHPに載せられていました。
いかがでしたか。
素敵すぎるプリン屋さん、ぜひ訪れてみてください♪

店舗概要

「エゾアムプリン製造所」

■住所 北海道富良野市平沢の丘の上
■アクセス 富良野市街から車で約30分
■電話 0167-27-2551(要予約)
■営業時間 10:00〜18:00
■定休日 月・火曜日
  • 北海道富良野市平沢の丘の上
  • 0167272551

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

ohayou_spank自由気ままに、流れる風に身を任せて冒険をするのが好き。今まで行った国は約30か国。知らないものを知ったり、見たり、触れたりすることに日々ワクワクしています。

このまとめ記事に関して報告する