旅の充実度120%!今ホットな“伊勢志摩”で過ごす2泊3日プランはこれだ

パワースポット”伊勢神宮”や海外のような”志摩地中海村”など観光スポットが沢山あるため、最近より注目されるようになった三重県。今回は新横浜〜名古屋で新幹線に乗り、そこから電車移動で“伊勢志摩”を2泊3日旅行した筆者のプランを丸ごとご紹介していきます。地元のご当地グルメから観光地まで詰まったプランになっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

最近注目のスポット“伊勢志摩”

観光の名所として、ますます注目が集まる“伊勢志摩”。今回は新横浜〜名古屋間を新幹線、そして近鉄名古屋線で三重に入り2泊3日旅行した筆者がまるごとプランをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【1日目】朝から晩まで充実した旅スタート

[9:00]名古屋駅で絶品モーニング

新横浜駅から名古屋駅までは、新幹線のぞみで約1時間20分。2泊3日丸々楽しみたい筆者は朝早くから出発します。9時頃名古屋駅に着いたら、まずは名古屋名物のモーニングを味わいましょう!1日旅をするエネルギーチャージをしてくださいね。

コンパル サンロード店

名古屋駅近くでおすすめのモーニング1つ目は「コンパル サンロード店」。プリプリのエビがたくさん詰まったエビフライサンドがおすすめです。昭和22年から続く老舗の味をモーニングでお得に味わってみてはいかがですか。

コンパル サンロード店

日本、愛知県名古屋市中村区名駅4-7−25先

3.17 432

リヨン

名古屋駅近くでおすすめのモーニング2つ目は「リヨン」。名古屋名物の小倉トースト・サンドを中心に、手頃にモーニングを食べることができます。1日中モーニングサービスがつき、プレスサンドにドリンク・卵などのサービスメニューを選ぶことができます。

モーニング喫茶リヨン

愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 三井ビル本館B1階

3.48 2091
  • 〜¥999
  • 〜¥999

[11:30]伊勢神宮の外宮をお参り

名古屋グルメを味わった後は、三重へ!近鉄名古屋駅から近鉄名古屋線で「伊勢市」駅まで電車に揺られること約1時間半。お伊勢参りからしましょう。外宮→内宮でお参りすることが正しいとされているので、まずは外宮からスタートです。
参道の山村みるく学校・豚捨など食べ歩きを楽しみつつ、外宮の参拝を。伊勢神宮には125もの宮社があり、砂利道が続くので高いヒールの靴や厚底ではなく歩きやすい靴などで訪れてくださいね。

[13:00]おかげ横丁で食べ歩き

外宮から内宮まではバスで約10分。内宮の参拝の前には、レトロな雰囲気漂うおかげ横丁で食べ歩きを楽しみましょう。いろんな三重ならではのグルメ・スイーツがたくさんあるんです。おかげ横丁のお店が並ぶ通りの雰囲気を楽しむのもいいですね。

赤福本店

三重に来たならば食べたい名物「赤福」の本店があります。赤福餅をお茶と一緒に食べたり、季節ごとに変わる店鋪限定のメニューを味わうことができます。夏には赤福氷、冬には赤福ぜんざいなど、ここだけの味を満喫してみては?

豆腐庵山中

可愛らしいイラストが目を引く「豆腐庵山中」では、豆腐を使ったヘルシーなスイーツを味わうことができます。うの花どーなつ・おとうふソフトが美味しくてリーズナブル!お豆腐ソフトはなんと50%以上がお豆腐となっているのでその味を楽しんでみてくださいね。

[15:30]伊勢神宮の内宮をお参り

おかげ横丁で食べ歩きを楽しんだ後は、いよいよ内宮へお参りへ。自然と融合した空間はどこか神秘的で神々しいです。正宮など撮影禁止のエリアもあるのでそこは守りましょうね。伊勢神宮は日本でも屈指のパワースポットなのでぜひお参りをしてお願い事をお願いしてみてみましょう。
内宮には、天照大御神が祀られています。内宮にある寺院は厄除けや開運のご利益があると言われているので、しっかりとお祈りをしましょう。天気のいい日は特に伊勢神宮内を回る散歩がおすすめです。内宮の寺院をゆっくりと回ると、90分ほどかかりますよ。

時間に余裕があればオススメ▷夫婦岩で見事な夕焼けを見る

心が洗われた後は「夫婦岩(めおといわ)」の絶景を見に行きましょう!内宮前からはバスが出ているので、約20分乗って行くことができます。伊勢市駅から二見浦駅まで電車で行き、徒歩でも可能です。ただし、バスは本数があまりないので、確認してから内宮参拝をした方が良いかもしれません。
日の入り時刻は季節によって変わるので、それぞれで変えていただきたいですが、筆者が訪れた際は18時前くらいでした。沈む前にも二見興玉神社をお参りしたり、可愛いお守りを見たりと時間を過ごすことができます。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 女同士だから話せる事がある、楽しめる事がある、行きたい所がある。普段はカフェで…

  • 日本といえばお侍さんが出てきそうな古風な街並みのイメージがありますが、たまに“…

  • 夏の女子旅に欠かせないのは可愛さと美味しさ、そしてフォトジェニックさ。夏だから…

  • 魅力たっぷりの国内旅行。でも私はやっぱり海外旅行が好き!という方も多いのではな…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Nikomiもつより牛すじがすっき〜

このまとめ記事に関して報告する