• はてぶ
  • あとで
MISIAのPVの舞台にもなった記念館!ピアソン記念館

「ピアソン記念館」をご存知でしょうか?北海道北見市にある文化施設です。1971年に開館し、2016年には開館45周年を迎えました。アメリカ人宣教師の夫妻であるジョージ・ペック・ピアソン氏とアイダ・ゲップ・ピアソン氏の家を記念館にしたものです。今回はそんな「ピアソン記念館」の魅力をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ピアソン記念館とは

たろー@hanpa64
ピアソン記念館。開拓期の宣教師邸で、初期ヴォーリズ建築として名高い。正直、味もそっけもない建物だが。 https://t.co/c9JSnPiBUj

2016-05-05

宣教師ピアソン夫妻の住宅で、日本の多くの西洋建築を設計した建築家のヴォーリズ氏の建築です。記念館の方が建物のについて色々説明してくれました。当時の建築のアイデアをみれます。また、ピアソン夫妻の思い出の品などもみれます。おすすめです。

出典:www.jalan.net

閉館まじかにも関わらず、親切丁寧に説明していただきました。少し迷ったのは、雪で同じ景色に見えたからでしょうか?

出典:www.jalan.net
ピアソン記念館の特徴は西洋風の木造建築です。設計したのはアメリカ合衆国出身の建築家であるウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏で、ピアソン夫妻はこの建物で15年間生活したと言われています。NPO法人であるピアソン会が管理・運営しています。

ピアソン記念館内部の様子

出典:www.youtube.com

ピアソン記念館 Pierson Memorial House 『北海道 北見市』 - YouTube

ピアソン記念館 Pierson Memorial House 『北海道 北見市』 宣教師ピアソン夫妻が14年間にわたり生活した西洋館 1914年(大正3年)ウィリアム・メレル・ヴォーリスによって建築 北見市幸町7-4-28 ピアソン記念館 運営・管理 NPOピアソン記念館 北見市指定文化財 北海道遺産

☆ まりもチャンネル ☆@aioi_tsubetsu
北見 ピアソン記念館 感動しました・・・☆ 後日ブログにアップします。。。♪ #hokkaido#ピアソン記念館#北見http://t.co/hD1Cf6kBJD

2014-04-20

ピアソン記念館の内部では机やオルガンといったピアソン夫妻の遺品が数多く展示されています。また建物を設計したヴォーリズ氏やピアソン夫妻の以外にも、この家に入居したこともある医師の唐笠何蝶氏の資料なども展示されています。

ピアソン記念館での撮影

MISIA 26thシングル「恋は終わらないずっと」

出典:www.youtube.com

MISIA - 恋は終わらないずっと PV - YouTube

MISIA - 26th NEW SINGLE "恋は終わらないずっと" PV NHKドラマ10「はつ恋」主題歌 2012/6/20発売

こうじ:)@koujiMSA
昨日のMISIA【恋は終わらないずっと】PV ロケ地巡り(*^_^*) 北見市にある『ピアソン記念館』ソファーですが... 昨日と違う画像を・・・(^o^)V http://t.co/K6MUTjJwXD

2014-04-30

2012年4月14日に発売された歌手であるMISIA氏の26枚目のシングル「恋は終わらないずっと」のPV撮影場所がピアソン記念館であると言われています。同曲はNHKドラマ10『はつ恋』の主題歌でもありました。

ピアソン記念館周辺の様子

たろー@hanpa64
ピアソン記念館とソリ遊びの跡。 http://t.co/PMfPy7nTAg

2013-12-01

ピアソン記念館では特製のマンホールが使用されています。ピアソン記念館でしか見られない珍しいものです。また夏と冬では景色が変わって見えるため、行く度に違った印象を受けるかもしれません。

ピアソン記念館でのイベント

藤田貴光@prayorgan
北見市・ピアソン記念館にて。10月19日(土)夕方に、この1878年製造のメイソン&ハムリン社製リードオルガンを使ってソロLIVEを行います。足踏み式リードオルガンですが、相変わらずスイング&ジャンプする予定です♪ http://t.co/qNTAGUMznU

2013-09-06

ピアソン記念館では定期的にコンサートやライブが開催されています。ピアソン記念館のリードオルガンは製造が1878年と100年以上の時間が経過し、北海道では最古のオルガンと言われています。

ピアソン記念館へのアクセス

【所在地】〒090-0036 北海道北見市幸町7丁目4-28
【TEL】(0157)31-1215
【行き方】JR北見駅から徒歩15分
【開館時間】9:30から16:30
【入館料】無料
【休館日】月曜日、祝日の翌日(月曜日の場合はその翌日)、年末年始
いかがでしたか?ピアソン記念館は建築から100年以上の時間の重みを感じさせてくれる施設です。コンサートなどイベントも開催されていますので、近くにお立ち寄りの際は参考にしてみて下さい。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Kemuni主に日本の美術館、博物館を紹介する予定です。

このまとめ記事に関して報告する