• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
暑気払いに最適!これからが旬の「はも鍋」を食べられる東京都内の店5選

「ハモ鍋」をご存知ですか?京料理では欠かせない素材で、関西ではメジャーなのが鱧(はも)。そんな「はも」はこれからが旬。今回は東京都内ではも鍋が食べられる店をまとめました。

このまとめ記事の目次

ハモ鍋って知ってる?

沿岸部に生息する大型肉食魚で、京料理に欠かせない食材として扱われる。

出典:ja.wikipedia.org
ハモは日本近海に棲息する魚で、細長い体型と鋭いアゴが特徴。関西ではメジャーな食材ながら関東ではあまり知られていない東西格差の大きい食材です。
そしてこのハモを鍋にしたのがハモ鍋。ハモの時期は5月からはじまり、旬は夏、秋の時期終わりのハモは名残鱧と呼ばれます。つまりこれからが旬のハモ鍋。暑気払いとして最適です。

1.食彩 かどた(恵比寿)

本格的な会席料理がありえないほどリーズナブルに味わえると評判のお店。こちらのお店の鱧鍋はちょっと変わっていて、豆乳仕立てになっています。豆乳のさっぱり感とハモの脂がベストマッチです。
【住所】東京都渋谷区恵比寿西1-1-2 しんみつビル B1F
【電話番号】03-3780-1080
【営業時間】
(平日)11:30~14:00(L.O)、18:00~22:00(L.O)
(祝日)11:30~14:00(L.O)、17:00~21:30(L.O)
【定休日】日曜日 お盆休み(H23年8月15日16日)

2.はなぜん 赤坂店(赤坂)

予約ナシだと、ご用意できない場合が多いです。ハモしゃぶコース、単品も、やはり鮮度が大事なので、ご予約いただいてから活けハモを仕入れるので前日までにご予約をお願いします!!

出典:ameblo.jp
予約を入れることで新鮮な活きハモを仕入れてくれるお店。やっぱり新鮮なハモ鍋の人気は高いんだそう!
【住所】東京都港区赤坂5-2-45 しもじまビル 1F
【電話番号】03-3584-0503
【営業時間】
[月〜金]
11:30~14:00
17:30~23:30(L.O.22:45)
[土]
16:00~22:30(L.O.21:30)
【定休日】日・祝日

3.さとほろ (田無)

【住所】東京都西東京市南町5-6-18
【電話番号】042-467-3383

4.ぶどう家(新橋)

新橋の烏丸口から徒歩2分のところにある居酒屋。居酒屋ながら、店主は三ツ星料亭で学んでおり、新橋とは思えないような極上の料理が提供されます。メインの活き鱧も最高に美味しいと評判。ちなみにランチもおすすめです。
【住所】東京都港区新橋3-10-7 鴨田ビル 1F
【電話番号】03-3433-1616
【営業時間】
[月~金]
17:00~23:00(L.O.22:30)
[土]
17:00~22:00(L.O.21:30)
※ランチ営業あり
【定休日】日曜・祝日
  • 東京都港区新橋3-10-7 鴨田ビル1階
  • 0334331616

5.468 (浅草)

浅草とかっぱ橋の中間くらいにあるお寿司屋がこの468(ヨーロッパ)。お寿司屋ということで、鱧の棒寿司や鯖の棒寿司、穴子寿司が有名ですが、鱧鍋も絶品。お寿司屋さんならではの新鮮な鱧と松茸がベストマッチです。
【住所】東京都台東区西浅草3-23-14
【電話番号】03-3843-6964
【営業時間】13:00~21:00(L.O)
【定休日】月曜日
  • 東京都台東区西浅草3-23-14
  • 0338436964

暑気払いに行こう!

いかがでしたでしょうか?ぜひハモ鍋を食べに行ってみてください。リピーター続出と話題ですよ!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

chikuwabuおでんは大根派です

このまとめ記事に関して報告する