• はてぶ
  • あとで
ジャニーズ映画のロケ地にもなった科学館!蒲郡市生命の海科学館

「蒲郡市生命の海科学館」をご存知でしょうか?愛知県蒲生市にある文化施設です。1999年に開館、2014年に開館15周年を迎えました。郵政省の取り組みの一環として建設され、蒲郡情報ネットワークセンターの一部でもあります。今回はそんな「蒲郡市生命の海科学館」の魅力をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

蒲郡市生命の海科学館とは

出典:www.youtube.com

蒲郡生命の海科学館 - YouTube

蒲郡にはこんな科学館があるんだ。

蒲郡の花火が始まるまでの時間潰しでふらっと入ってみたら…意外に楽しいっ☆設備もまだ新しいし期待してなかったから良い意味で裏切られました穴場ですっ

出典:www.jalan.net

たくさんの企画があって、子供たちが参加できたので楽しかったです。もちろん、大人でも十分楽しむことができました。

出典:www.jalan.net
蒲郡市生命の海科学館の特徴は海や海に住む魚や爬虫類などの生物の歴史について触れることができることです。そういった歴史を示す資料として様々な隕石や化石などが展示されています。

蒲郡市生命の海科学館展示品

骨格

あいちサイエンスフェスティバル@AichiScienceFes
【ナイト★ミュージアムでクイズにチャレンジ!~イブイブ!スペシャル~】12/23(祝)18:30~20:00、蒲郡市生命の海科学館。小学4~6年生対象。夜の科学館で化石等のクイズに挑戦!https://t.co/ZudAMFI5jXhttps://t.co/c36AcRQ8w0

2015-12-16

化石

RST☺︎@__rst__
蒲郡にこんな所があったとは!写真は本物の隕石。 (@ 生命の海科学館 in 蒲郡市, 愛知県) https://t.co/4MLQ1463Zghttps://t.co/pIdltKFTRM

2016-08-21

Shoji Nishimoto@nagoya_granite
岩絵の具とそれで描いた絵@鉱物展in蒲郡市生命の海科学館 https://t.co/WjdtmVFRnw

2016-08-16

蒲郡市生命の海科学館の展示品は隕石や標本などが展示されています。中には実際に触ることのできるものも公開されていることも特徴の1つです。また古代生物として考えられているアノマロカリスやイクチオサウルスなどの化石もあります。

蒲郡市生命の海科学館でのイベント

あいちサイエンスフェスティバル@AichiScienceFes
【生物進化の起源にせまる!~カンブリア爆発研究最前線~】9/18(日)14:00~15:30、蒲郡市生命の海科学館。佐藤友彦(東工大地球生命研究所)。ASFin蒲郡オープニング講演会!https://t.co/VVlfH1jljQhttps://t.co/r8L0FTY4hN

2016-09-06

はやぶさ2応援・中部組@haya2_chubu
蒲郡市生命の海科学館。本日14時から「明日ははやぶさの日講演会」あります。 例によって一番乗り。 先ほど館長みすから設営していかれましたよ\(^o^)/(* ̄∇ ̄)ノ 参加無料、先着順です! https://t.co/Utd0vcmO8E

2016-06-12

蒲郡市生命の海科学館では様々なイベントや講座も開催されています。科学に興味を持つ小学生向けの定例講座やその時開催中の企画展に合わせた特別講座など様々なテーマで開催されています。

蒲郡市生命の海科学館での映画撮影

2005年に公開されたコメディー映画「ファンタスティポ」でのロケーション撮影が蒲郡市生命の海科学館で行われました。同映画は国分太一(TOKIO)、堂本剛(KinKi Kids)が出演しました。

蒲郡市生命の海科学館へのアクセス

【所在地】 〒443-0034 愛知県蒲郡市港町17-17
【TEL】0533-66-1717
【行き方】JR蒲生駅南口から徒歩3分
【開館時間】午前9時から午後5時
【観覧料】大人500円、小人200円
【休館日】毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は、その翌日が休館日)、12月29日から1月3日
いかがでしたか?蒲郡市生命の海科学館では海や海の生物の歴史について学ぶことのできる文化施設です。駅から徒歩3分の位置にありますので、近くにお立ち寄りの際は参考にしてみて下さい。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Kemuni主に日本の美術館、博物館を紹介する予定です。

このまとめ記事に関して報告する