• はてぶ
  • あとで
心奪われる程美しい!神秘的な世界に浸れる“ヨーロッパの教会”10選

教会のもつあの独特の雰囲気を知っていますか。日本人にはあまり馴染みのない教会ですが、世界にはアッと驚く程綺麗で神秘的な教会がいくつもあるのです!ここではヨーロッパに絞って教会をご紹介します。きっと今度の旅行で足を運びたくなること間違い無しです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

教会ってどんな場所?

教会とはキリスト教における信者の集まる場所です。そもそもキリスト教には宗派が大きく分けて二つあります。カトリックとそこから派生したプロテスタントです。同じキリスト教でも教会のデザインがまったく違うのです。
これから紹介する教会は装飾が派手できらびやかなカトリックの教会になります。十字架にイエスが付いているのもカトリックだけです。それでは神秘的な教会をご紹介していきます。

1:サン・ピエトロ大聖堂(バチカン)

1つ目にご紹介する美しい教会は「サン・ピエトロ大聖堂」です。世界一面積の小さい国家バチカン市国内にあるこの教会はキリスト教の最大宗派であるカトリックの総本山で、世界中から信者が参拝に訪れる地です。
4世紀頃に建てられたのが始まりで、16~17世紀にかけてラファエロやミケランジェロなどルネサンス期の芸術家が改築に関わったことで、今の姿になりました。
サン・ピエトロ大聖堂からバチカン市国が一望できます!「バチカン市国」は国全体がユネスコの世界文化遺産に登録されているので圧巻の街並みです。

▽詳細情報

  • Piazza San Pietro, 00120 Città del Vaticano
  • +39 06 6988 3731

2:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(イタリア)

2つ目にご紹介する美しい教会は「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」です。1436年に建てられたこの大聖堂のドームは、石造ドームとしては現在も世界で最大の規模です。
外観だけでなく、大聖堂の内部を彩るステンドグラスの窓やフレスコ画も素晴らしいもので、ドームの天井に描かれている絵画は吸い込まれる美しさです。
フィレンツェを代表する風景であるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドーム屋根と、美しい街並みです。赤い屋根で統一された街並みはすばらしいの一言です。

▽詳細情報

  • Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI, Italy
  • +39 055 2302885

3:サグラダ・ファミリア(スペイン)

3つ目にご紹介する美しい教会は「サグラダ・ファミリア」です。スペインの建築家アントニ・ガウディが設計した巨大教会で、1882年に着工し、134年経た今も未完のままです。完成はガウディ没後100年にあたる2026年予定です。
中にあるステンドグラスは七色に分かれていて、光が差し込むとその色に床が輝く姿を見ることができ、その美しさは息を呑むほどです。ガウディの建築は独特で天井にも他にはないデザインを見ることができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 自然の絶景も、人がつくりあげた絶景も、神秘的なものに人は感動するのではないでし…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する